Exit

●GCPとは

GCPはGoogleが運営しているパブリッククラウドサービスです。Googleが提供するサービスを提供するために利用しているインフラと同じものが利用できます。
GCPが提供しているサービスのカテゴリには以下のものがあります。

・コンピューティング
・ストレージとデータベース
・ネットワーキング
・ビッグデータ
・機械学習
・管理ツール
・デベロッパーツール
・ユーザー管理とセキュリティ

このカテゴリの中から用途に合ったサービスを選ぶ事ができます。

●GCPの特徴的なサービス

GCPの特徴的なサービスとして挙げられるのはビッグデータ解析や機械学習です。AWSやAzureにもビッグデータ解析や機械学習用のサービスは提供されていますが、Googleはその業界で積極的にリードしているためGCPでは他にはないサービスの利用することができます。

■コンピューティング

Google Compute Engine

Google Compute Engine(GCE)で提供される仮想マシンは、あらゆる要件に対応するため事前に構成されています。構成はスタンダード、ハイメモリ、ハイCPUの3つに分かれています。GCEにはカスタムマシンタイプという機能がついており、要件に合わせてCPUの数とメモリの大きさを設定できます。この機能は使用すると、事前に最適な費用を計算することができます。

Google App Engine

Google App Engine(GAE)はGoogleのインフラの上でアプリを作れます。Node.js、Java、Ruby、C#、Go、Python、PHPに対応しておりこれらの言語を使用してアプリの開発が行えます。アプリのスケールアップ、スケールダウン、負荷分散、インスタンスの復旧などはGoogle側で行うため、サーバーのメンテナンスをする必要はなくなります。

■ストレージとデータベース

Google Cloud Storage

Google Cloud Storage(GCS)はデベロッパーや企業向けの統合型オブジェクトストレージです。GCSのAPI、レイテンシ、速度はストレージクラス間で一貫しており、開発の統合が容易になっています。

Google Cloud DataStore

Google Cloud DataStoreはアプリ開発を簡素化するように構築されたNoSQLドキュメントデータベースです。アプリの負荷に合わせて自動的にスケールし、可用性と耐久性に優れています。

■ビッグデータ

BigQuery

BigQueryとはDremelというGoogle社内のデータ解析ツールをサービスとして公開したものです。Dremelはかなり大きなサイズのデータを扱えるように設計されているもので、SQLで集計や解析を行うことができるのが特徴です。また、Webブラウザからの操作でデータが扱えるため分かりやすくもあります。プログラミング言語を使ったジョブ記述もないため手軽さはGCPのサービスの中でもトップレベルです。

■機械学習

Cloud Machine Learning

機械学習のサービスはAPIとして提供されているため実装もしやすく使いやすいという利点があります。その中でもCloud Machine LearningはTensorflowを使用でき、データソースにBigQueryなどにアクセスすることができるため手軽に大規模な学習を行う事ができます。ディープラーニングを用いる場合にはハイパーパラメータを自動で調整する機能があるため短時間でのチューニングも可能となっています。

Cloud Vision API

Google Cloud Vision APIは機械学習モデルにより画像の識別を行うことができます。さらに、画像内に含まれているテキストを読み取る機能もついているため、文字起こしも手軽に行えるようになります。

■IDとセキュリティ

Google Cloud Identity & Access Management

Google Cloud Identity & Access Management(IAM)を使用すると、誰がどのアクセス権をどのリソースに対して持つかを定義することができます。これによりきめ細かいアクセス制御ができるようになります。

■管理ツール

Google Stackdriver

Google Stackdriverではモニタリング、ロギング、診断機能を使用することができます。クラウドで実行されるアプリのパフォーマンス、可用性から分析情報を取得し、問題点をすばやく検出し修正することができます。GCPだけでなくAWSにも対応しており、幅広い指標、ダッシュボード、アラート、ログ管理、レポート、トレース機能を利用することができます。

■デベロッパーツール

Google Cloud SDK

Google Cloud SDKは、GCPのプロダクトやサービスにコマンドラインからアクセスするためのツールセットです。GCEやBigQueryなどにコマンドラインからアクセスを行い、各種操作を行えるようになります。

GCPには上記以外にも様々なサービスを利用することができ、用途にあった使い方をすることができます。ビッグデータ解析や機械学習などGoogleが力を入れている部分に関しては他のインフラサービスよりも充実しており、GCPの特徴となっております。

GOOGLE CLOUD SPEECH API導入支援

スマホの音声認識技術を用いた低価格で高品質な音声テキスト化サービス

●実施の流れ

まずはお客様の状況やご要望をしっかりとお伺いします。すでにシステムを導入しているようであればどのようなものを導入しているか。現在の課題はどのようなもので、どのような対応が最善の解決方法かなどをご案内します。

1.無料でコンサルティング

しっかりとお客様のご要望をお伺いします。どのようなサービスを提供しているかなどご説明をします。お客様に完成のイメージを持って頂き、この際に、お客様のご要望に応えることができないと判断しましたら無理に勧めることは致しません。お客様にとって必要なシステムになるよう、事前にしっかりとお話を致します。
※当サービスの対応範囲を超える場合は別サービスをご案内するか別途お見積もりを致します。

2.開発/構築

お客様のご要望に従ったシステムの構築を開始します。途中で何度かやり取りをさせて頂き、確認を進めながらイメージとずれることがないよう進めていきます。

3.納品

完成を確認いただき、問題がなければ納品をいたします。もし、ご要望と異なるところがあるようでしたらアプリを修正し、再度ご確認を頂きます。

無料でご相談
お問い合わせ

CONTACT US

株式会社アクロビジョン
Acrovision Inc. 

東京都豊島区東池袋1-35-3
池袋センタービル 8階
Tel: 03-6661-0912
Fax: 03-6661-0913





お名前※

メールアドレス※

メッセージ※

【個人情報取り扱い】WEBお問い合わせに関する個人情報の取り扱いについてをご確認のうえ、同意いただける場合は「同意する」にチェックを入れてください。
同意する

Close
Go top