Exit

kintone > kintone導入事例

kintoneは、業務作業に合わせてアプリ・システムを作ることが可能です。その際には、プログラミングの知識がなくても誰でも簡単にアプリ・システム構築ができます。主に、「顧客管理」「日報」「案件管理」「契約書管理」などのアプリ開発が可能になります。kintoneの導入をしている会社は4,500社以上あり、導入している会社の業界も様々です。
ここではkintoneの導入事例をいくつか紹介します。

kintoneの導入前の状況

kintoneを導入しようと考えている会社には、ある程度似たような特徴があります。

・顧客や案件等の情報を個々の社員がExcelで管理し、データベース化されていない
・担当変更の際に情報が十分に引き継げない
・データが必要なときに探し出すのが非常に困難
・マネジメント側は散在するExcelの情報を活用仕切れず、迂速かつ適切な対応ができない
・ノウハウの共有がなく、若く知識や経験が浅いメンバーの戦力化にコストがかかる
・部下の日報の量が多すぎて確認しきれない
・共有したい業務情報が多すぎて全体に伝わるまでに時間がかかる
・上司と部下とのコミュニケーションが少なく正確な情報共有ができていない
など、このような様々な原因があると思います。

これらの特徴の中で自社の現状と当てはまる項目があれば、kintoneの導入をおすすめします。kintoneを導入し一つでも解決することができれば作業効率が向上するでしょう。

課題

kintoneの導入前の状況を把握すると、改善するための課題が見つかると思います。そこで、前途で述べた導入前の状況から課題をいくつか出してみました。

・ノウハウの共有をし、若手の育成と戦力をあげる必要がある
・顧客の細かいデータをメンバー間で共有し引き継ぎ可能にする
・社内に散在した情報の一元化
・情報の集積と活用
・環境変化に対応する
・全てのメンバーが利用できる使いやすさを備えたシステム構築

などが挙げられました。このように課題を出したら次にkintoneの導入するポイントを見つけます。

kintoneを導入するポイント

課題を挙げたらkintoneを導入するためにどのようなアプリを作ったりどのように活用するのかを考える必要があります。そこでそのkintoneを導入するポイントを挙げてみました。

・「顧客管理」「案件管理」「請求管理」「日報管理」など各情報ごとにアプリを作成し、情報を登録
・内容を都度登録・修正してメンテナンスを行う運用を実地
・「管理・構築を素人でも操作ができて、設定もできる」を重要視し導入
・外出でもすぐに情報の管理・確認ができるようにタブレット端末やスマートフォンからの利用を可能にする
・業務情報をすぐに共有するためにコミュニケーションツールを活用する

kintoneは業務を効率化にするだけではなく社内の情報を共有するためにSNS運用として活用することが可能なので、業務以外でも利用できるため導入しやすいと思います。

導入効果

前途で課題とkintoneの導入するポイントを紹介していきましたが、kintoneを導入による効果も紹介していきます。

・過去の案件をどう処理したかを検索できるようになり、若手へのノウハウ共有が可能になる
・「顧客管理」「案件管理」「請求管理」「日報管理」など各情報ごとにアプリを作成することで管理しやすくなり業務作業が効率化になる
・引き継ぎの際の情報ロスが格段に減少
・Excelに比べ、メンテナンスする手間や抜け漏れが減少
・タブレット端末やスマートフォンからの利用で情報登録や業務確認が可能になる
・情報を一元化したことによりマネージャーの迂速な意思決定を実現する
・日報管理アプリを使って部下の日報が毎日更新されていても簡単にすぐに確認が可能になる
・プログラミングの知識がなくてもシステム構築が可能になり素人でも操作ができる

以上の効果が得られます。kintoneを導入する目的によっては得られる効果も違いますが、ほとどんの会社では情報量が多い「顧客管理」「案件管理」「請求管理」「日報管理」などの情報を管理できるアプリ・システム開発を考えているかと思います。

では、実際にkintoneを導入している会社の事例をいくつかピックアップしてみたので是非、ご参照ください。

kintone導入事例

1. 医療機器メーカー

kintoneを導入する目的
・Garoonとkintoneの連携で営業活動を効率化

課題
この医療機器メーカーは、元々サイボウズドットセールスを連携していましたが、そのサイボウズドットセールスのサービスが終わってしまいセールスの機能をkintone上へ移行しました。しかし、Garoonとkintoneの連携は実現できていませんでした。

そこで、下記の3つの課題に整理しGaroonとkintoneの連携を検討することになりました。

・情報入力に手間がかかることが原因で、活動実績の登録がされないケースが多い
・Garoonとkintoneが連携されていなかったためスケジュール管理をGaroon側から確認することができない
・毎月の活動実績と営業業務側でGaroonとkintoneの両方を見て手作業で集計していたがその情報が多すぎて手間が非常にかかっていた

導入後の効果
kintoneを導入後、活動実績の入力手間と報告漏れをなくし、業務効率化を実現にしました。具体的な効果は下記の通りです。
・Garoonとkintoneを連携させたことで、入力の手間を軽減させることができた
・Garoonのスケジュール内に活動実績の作成ボタンを配置することで、意識的に活動実績を登録することが可能になり活動報告漏れをなくすことができた
・営業活動予定から実績状況が可視化されたため、登録自体が徹底されるようになった。

課題
この医療機器メーカーは、元々サイボウズドットセールスを連携していましたが、そのサイボウズドットセールスのサービスが終わってしまいセールスの機能をkintone上へ移行しました。しかし、Garoonとkintoneの連携は実現できていませんでした。

そこで、下記の3つの課題に整理しGaroonとkintoneの連携を検討することになりました。

・情報入力に手間がかかることが原因で、活動実績の登録がされないケースが多い
・Garoonとkintoneが連携されていなかったためスケジュール管理をGaroon側から確認することができない
・毎月の活動実績と営業業務側でGaroonとkintoneの両方を見て手作業で集計していたがその情報が多すぎて手間が非常にかかっていた

導入後の効果
kintoneを導入後、活動実績の入力手間と報告漏れをなくし、業務効率化を実現にしました。具体的な効果は下記の通りです。
・Garoonとkintoneを連携させたことで、入力の手間を軽減させることができた
・Garoonのスケジュール内に活動実績の作成ボタンを配置することで、意識的に活動実績を登録することが可能になり活動報告漏れをなくすことができた
・営業活動予定から実績状況が可視化されたため、登録自体が徹底されるようになった。

2. 人材サービス業

kintoneを導入する目的
・法人営業・人材コーディネーターの求人情報一元管理
・顧客情報管理
・各支店間の情報共有

課題
採用支援事業、人材派遣事業、求人広告業など人材に関連した事業を全国に展開しています。しかし、全国に展開する支店ごとに理業の行動管理や案件管理を行っていても、属人化した方法だったことで以下の課題が顕在化していました。

・行動管理のために試したツールが現場に即したものにはなりにくかった
・扱いやすいExcelを採用したが支店同士での情報共有ができなかった
・スタッフと案件のマッチングといった業務フローが可視化できない状況

事業を拡大するためには上記の課題をクリアし、業務のスピードを向上させる必要がありました。そこでkintoneの導入を検討しました。

導入後の効果
kintoneの導入で、情報共有が進み事業に多くのメリットをもたらしました。

・全国26支店に展開する約300名がkintoneを活用しトータルで30あまりの業務アプリの作成に成功
・顧客管理や商談内容を管理する行動管理、案件管理などが中心となり属人化したExcelによる管理から脱却することに成功
・kintoneによる事業システムは、導入決定から3ヶ月後という短期間でベースを作成し現場の要望に応じて拡張、成長させた
・アプリ作成はITスキルを持たない事務の方が作成している
・情報共有が進み事業部の経営判断が現場に浸透するスピードが速くなった
・コメント機能によるコミュニケーションが事業効率化に貢献

将来的には、求職者に対して契約書作成の申請を行うワークフローアプリと合わせて外配することも計画しています。

3. 不動産業・物品賃貸業

kintoneを導入する目的
・案件依頼書管理
・請求書発行
・工数管理
・CRM

課題
「中古住宅+リノベーション」という新しい事業を拡大するために、不動産会社・銀行・施工会社・設計会社とのやりとりをワンストップで行い、初めての不動産購入を考える顧客でも安心して家を選ぶことができる環境を整えています。
しかし、以下の課題が見つかりkintoneの導入を検討しました。

・CMRツールを活用していたが情報の入力が徹底されておらず必要なデータをうまく活用できない
・顧客がどのルートを辿って契約に繋がったのかというマーケティングの一連の流れを可視化できていない
・顧客管理は紙を使っていたためお客様に対する情報をきちんと管理できずにいた

導入後の効果
社内でシステム開発に必要な専門知識を持つ人がいなくてもシステムの構築ができ様々なアプリを作成することが可能となりました。具体的には、案件依頼アプリ、設計進捗管理アプリを活用し情報を管理しています。この他にも多くの可能性を広げました。

・顧客の情報を徹底的に管理することができ質の高いマーケティング対策が可能になった
・案件依頼書の管理が可能になったことで時間短縮が可能に(30分の作業が2.3分で完了)
・各営業担当に実績やステップ率などの確認が手間をかけずにできるようになった

まとめ

kintoneの導入事例と実際にkintoneを導入している企業を紹介していきました。kintoneは事業の目的に合わせてアプリ・システム開発ができますので多くの企業が活用されています。それぞれの企業の課題が違くともkintoneは柔軟性が高いので対応可能です。また、システム構築には専門的な知識は不要なので業界問わずどの企業でもkintoneの活用が可能と言えるでしょう。以上、kintoneの導入事例についてお伝えしました。

●サービスの特徴

●実施の流れ

まずはお客様の状況やご要望をしっかりとお伺いします。すでにシステムを導入しているようであればどのようなものを導入しているか。現在の課題はどのようなもので、どのような対応が最善の解決方法かなどをご案内します。

1.無料でコンサルティング

しっかりとお客様のご要望をお伺いします。kintoneでどのようなことができるかなどもご説明をします。その際に、すでに構築済みのシステムを見て頂いたり、その場で、ご要望に応えることができるようなシステムを簡単に構築します。この場で、お客様に完成のイメージを持って頂きます。この際に、お客様のご要望に応えることができないと判断しましたら無理に開発を勧めることは致しません。お客様にとって必要なシステムになるよう、事前にしっかりとお話を致します。
※当サービスの対応範囲を超える場合は別サービスをご案内するか別途お見積もりを致します。

2.開発

お客様のご要望に従ったシステムの構築を開始します。開発の途中で何度かやり取りをさせて頂き、確認を進めながらイメージとずれることがないよう進めていきます。

3.納品

完成したアプリを確認いただき、問題がなければ完成となり納品をいたします。もし、ご要望と異なるところがあるようでしたらアプリを修正し、再度ご確認を頂きます。

まずは無料でコンサルティングを受けてください

●金額:37万円(税別)

サービス対象:アプリ作成
※帳票の出力機能の作りこみや、アプリの複雑なカスタマイズは含まれていませんので、別途お見積もりを致します。

※kintone利用料は1ユーザーごとに月額780円(税別)

お問い合わせ
・申し込み

CONTACT US

株式会社アクロビジョン
Acrovision Inc. 

東京都豊島区東池袋1-35-3
池袋センタービル 8階
Tel: 03-6661-0912
Fax: 03-6661-0913





お名前※

メールアドレス※

メッセージ※

【個人情報取り扱い】WEBお問い合わせに関する個人情報の取り扱いについてをご確認のうえ、同意いただける場合は「同意する」にチェックを入れてください。
同意する

Close
Go top