Exit

あらゆる場面で役に立つスプレッドシート

Googleが提供しているツールは優秀なモノが多いですが特にスプレッドシートはあらゆる場面で役に立ちます。エクセルに似ている部分が多くUIもわかりやすいことが人気です。今回はGoogle Apps Scriptをスプレッドシートでどのようなことができるのかをまとめてみました。

セルの操作をするにはシートの指定をする必要がある

基本となるセルの操作をしますがスプレッドシートは構成上シートと呼ばれるモノがあります。エクセルをある程度使っている方ならば馴染みが深いですが、スプレッドシートは複数のシートを生成することが可能です。

スクリプトとしてセルの操作をするためにもシートを指定する必要があります。やり方は主に2種類で下記の方法のどちらかを選択する必要があります。

1.現在アクセスしているシート情報を取得する

こちらの場合のサンプルは下記です。

function myFunction() {
var sheet=SpreadsheetApp.getActiveSheet(); // アクティブ状態のシート情報を取得
var value=sheet.getRange(“B5”).getValue(); // B5のセル情報を取得
Browser.msgBox(value); // メッセージボックスとして表示
}

このサンプルではアクティブ状態(表示している状態)のシートに対してB5のセル情報を取得するようにしています。しかし、アクティブ状態のシートでないと取得できないのは少し面倒でしょう。そこでもう一つの方法があります。

2.アクセスしていない状態でも指定のシートを取得する

こちらのサンプルは下記です。

function test() {
var activeSheet = SpreadsheetApp.getActiveSpreadsheet(); // アクティブ状態のスプレッドシートを取得
var sheet = activeSheet.getSheetByName(“シート2”); // シート名(シート2)を指定
var value = sheet.getRange(“B5”).getValue(); // B5のセル情報を取得
Browser.msgBox(value); // メッセージボックスとして表示
}

アクティブ状態のスプレッドシートを取得してシート名を指定し、セル情報の取得を行います。これでシートをわざわざアクティブ状態にしなくても情報の取得ができるようになります。

2種類の方法を紹介しました。一見するとシート名を指定するやり方の方がいいように思えます。しかし、シート名は変更が可能です。使用者がうっかりシート名を変更するとスクリプトエラーとなりますのでケースバイケースです。

ルールとして絶対にシート名を変えないなどの対応が必要となります。説明が面倒だったりシート名が常に変わるような状態であればアクティブ状態のシート情報を取得するのがいいでしょう。

セル情報をまとめて取得する

先ほどのサンプルでは一つのセルに対してセル情報を取得しましたがまとめて取得する方法もあります。

function myFunction() {
var activeSheet = SpreadsheetApp.getActiveSpreadsheet(); // アクティブ状態のスプレッドシートを取得
var sheet = activeSheet.getSheetByName(“シート2”); // シート名(シート2)を指定
var value=sheet.getRange(“B1:B10”).getValues(); // B1からB10のセル情報を取得
Browser.msgBox(value); // メッセージボックスとして表示
}

サンプル4行目のgetValueをgetValuesにすること、getRandの中は「始まりのセル:終わりのセル」というようにすることで複数の情報を取得することができます。

セルに情報挿入

情報を挿入することでより便利に利用することが可能です。一つだけの挿入とまとめての挿入両方のサンプルを見てみましょう。

〇一つだけの挿入

function myFunction() {
var activeSheet = SpreadsheetApp.getActiveSpreadsheet(); // アクティブ状態のスプレッドシートを取得
var sheet = activeSheet.getSheetByName(“シート2”); // シート名(シート2)を指定
var value=sheet.getRange(“A5”).setValue(“一つだけ挿入”); // B1からB10のセル情報を取得
}

〇複数の挿入

function myFunction() {
var activeSheet = SpreadsheetApp.getActiveSpreadsheet(); // アクティブ状態のスプレッドシートを取得
var sheet = activeSheet.getSheetByName(“シート2”); // シート名(シート2)を指定
var value=sheet.getRange(“A1:A5”).setValue(“複数挿入”); // B1からB10のセル情報を取得
}

挿入処理ができるようになると便利な場面が多く出てきますので参考にしてみてください。

スプレッドシートの操作を学ぶことで広がる可能性

今回は簡易的な操作方法であるセルの取得と挿入方法を紹介しました。他にもスプレッドシートの機能を使う方法もあります。少し知識が必要ではありますがマスターすれば業務に大きい貢献ができますので興味を持ったら調べてみるといいでしょう。

●弊社のこだわり

お客様に本当に必要なシステムを

「イメージ通りのシステムにならなかった」「システムを構築したが効率が上がらなかった」などの話を伺うことがありますが、お客様からのご要望をしっかり伺い、システムでできることをご理解いただき、お互いの認識がしっかりと合っていれば、システム開発の失敗の多くを回避することができます。弊社はお客様に満足頂けるシステム開発には全力で取り組み、ベストなビジネスパートナーになることを目指します。

まずは無料でコンサルティングを受けてください

●サービスの特徴

成果へのこだわり

開発したシステムがお客様のメリットに繋がるよう全力で取り組みます。お客様のご要望にお応えできないようであればお仕事はお請けしません。

低価格でスピーディー

Google Apps Scriptの登場で以前は実現することができないほどに、システム開発が低価格でスピーディーになりました。以前は金額面でシステム導入を見送っていた方でもシステム導入しやすくなっています。

業務効率アップ

顧客情報、契約情報、請求情報、帳票出力をGoogle Apps Scriptで構築することで業務効率を大幅に上げることができます。

●実施の流れ

まずはお客様の状況やご要望をしっかりとお伺いします。すでにシステムを導入しているようであればどのようなものを導入しているか。現在の課題はどのようなもので、どのような対応が最善の解決方法かなどをご案内します。

1.無料でコンサルティング

しっかりとお客様のご要望をお伺いします。どのようなことができるかなどもご説明をします。その際に、すでに作成済みのシステムを見て頂き完成のイメージを持って頂きます。この際に、お客様のご要望に応えることができないと判断しましたら無理に開発を勧めることは致しません。お客様にとって必要なシステムになるよう、事前にしっかりとお話を致します。
※当サービスの対応範囲を超える場合は別サービスをご案内するか別途お見積もりを致します。

2.開発

お客様のご要望に従ったシステムの構築を開始します。開発の途中で何度かやり取りをさせて頂き、確認を進めながらイメージとずれることがないよう進めていきます。

3.納品

完成したシステムを確認いただき、問題がなければ完成となり納品をいたします。もし、ご要望と異なるところがあるようでしたらシステムを修正し、再度ご確認を頂きます。

開発実績

・契約書、請求書、見積書、発注書一覧の自動生成
・kintoneのデータをGoogle App Scriptを用いてGoogle Spredsheetにデータを自動取得するシステムの開発

お問い合わせ
・申し込み

CONTACT US

株式会社アクロビジョン
Acrovision Inc. 

東京都豊島区東池袋1-35-3
池袋センタービル 8階
Tel: 03-6661-0912
Fax: 03-6661-0913





お名前※

メールアドレス※

メッセージ※

【個人情報取り扱い】WEBお問い合わせに関する個人情報の取り扱いについてをご確認のうえ、同意いただける場合は「同意する」にチェックを入れてください。
同意する

Close
Go top