Exit

まずはプログラムを作成してみましょう

今回はGoogle Apps Script入門ということで慣れるためにも簡単な内容のプログラムを作成していこうと思います。Google Apps Scriptを利用するには2つの方法があり、スプレッドシートから直接作成する方法とchromeから呼び出して作成する方法があります。一つずつ紹介していきますので見ていきましょう。

スプレッドシードでプログラムを作成するには?

スプレッドシードを新規に作成しタブバーにツールという項目がありますので、そちらをクリックします。するとスクリプトエディタと書かれた項目がありますのでそちらをクリックするとコード.gsというファイルが表れます。

中身は

function myFunction() {

}

となっていますのでmyFunction関数の中にコードを記入すればスプレッドシートに対してさまざまな処理を行わせることができます。ちなみにプロジェクト名を変更したい場合は「ファイル」->「名前を変更」で好きなプロジェクト名にすることができます。

まずは簡単なプログラム「Hello World!」を作成

各種言語で一番最初に書くであろうHello World!をスプレッドシートに表示してみましょう。書き方としては下記になります。

function myFunction() {
Browser.msgBox(“Hello World!”);
}

コーディングが終わったら下記画像の赤で囲われた再生ボタンを押してみましょう。

初めてGoogle Apps Scriptを利用する場合は「承認が必要です。」というメッセージボックスが出てきますので「許可を確認」をクリックします。

すると別ウィンドでアカウントの選択画面が出ますので自身が利用するアカウントを選択しましょう。次に「このアプリは確認されていません」というメッセージが出ますが、自身で作成するアプリですから問題ありません。許可をするようにしましょう。やり方としては左下にある詳細ボタンを押してみましょう。

すると「プロジェクト名(安全ではないページ)に移動」がありますので、そちらをクリックして青い許可ボタンを押せばOKです。もう一度スクリプトエディタの方に戻り実行ボタンを押せば、スプレッドシートの方にHello World!とメッセージボックスが表示されることが確認されました。

もう一つのやり方も紹介

スプレッドシートに直接スクリプトエディタを表示させて作成する方法を紹介しましたが、Google Apps Scriptではもう一つ作成する方法があるので紹介します。まずはchromeからこちらのサイトに行ってみましょう。下記の画面が出てきます。

右上にあるchromeに追加ボタンを押して「Google Apps Script を追加しますか?」というメッセージが出ますので「アプリを追加」を押しましょう。するとchromeのアプリ画面に飛びますのでその中にあるGoogle Apps Scriptを選択してください。

すると下記のような画面になりますが「Start Scripting」を押しましょう。

するとmyFunction関数が用意された状態の画面になりますので、何かしらの文字列を表示させる命令を組んでみます。今度は下記のようなプログラムにします。

function myFunction() {
Browser.msgBox(“こんにちは 世界!”);
}

そして、新しいプロジェクトになるので先ほどの許可関連の対応をして実行します。すると赤枠でエラー画面が出てしまいます。内容としてはBrowser.msgBox()は使用できないからLogger.log()を使用してみては?ということです。これが出る原因はGoogleAppsScriptでは2種類のプロジェクトがあるためです。

一つはStandalone Script 、もう一つはContainer Bound Scriptです。Standalone Scriptは単独でドライブ上にいるものであり、Container Bound Scriptはスプレッドシートに紐づけされてられているものです。

つまり今回のようなGoogleドライブからの作成はStandalone Scriptとなります。Browser.msgBox()はContainer Bound Scriptのみ対応されている関数なので今回は使用できません。

そこでこちらのサンプルでは下記のようにコードを直し、実行してから表示ー>ログを押して実行します。

function myFunction() {
Logger.log(“こんにちは 世界!”);
}

以上でGoogle Apps Scriptの作成の仕方入門は終了です。最初は慣れないかもしれませんが少しずつ慣れていくと面白くなるのでおすすめです。

はじめの一歩を踏むことで新しい世界が広がる

Google Apps Scriptは多種多様な関数が揃えられており、さまざまなことに対応できます。従来のツールでは物足りなかったこともGoogle Apps Scriptを利用することでより便利になるでしょう。自身でカスタマイズするもよし、周りからの要望にこたえてカスタマイズしてみてもいいでしょう。

●弊社のこだわり

お客様に本当に必要なシステムを

「イメージ通りのシステムにならなかった」「システムを構築したが効率が上がらなかった」などの話を伺うことがありますが、お客様からのご要望をしっかり伺い、システムでできることをご理解いただき、お互いの認識がしっかりと合っていれば、システム開発の失敗の多くを回避することができます。弊社はお客様に満足頂けるシステム開発には全力で取り組み、ベストなビジネスパートナーになることを目指します。

まずは無料でコンサルティングを受けてください

●サービスの特徴

成果へのこだわり

開発したシステムがお客様のメリットに繋がるよう全力で取り組みます。お客様のご要望にお応えできないようであればお仕事はお請けしません。

低価格でスピーディー

Google Apps Scriptの登場で以前は実現することができないほどに、システム開発が低価格でスピーディーになりました。以前は金額面でシステム導入を見送っていた方でもシステム導入しやすくなっています。

業務効率アップ

顧客情報、契約情報、請求情報、帳票出力をGoogle Apps Scriptで構築することで業務効率を大幅に上げることができます。

●実施の流れ

まずはお客様の状況やご要望をしっかりとお伺いします。すでにシステムを導入しているようであればどのようなものを導入しているか。現在の課題はどのようなもので、どのような対応が最善の解決方法かなどをご案内します。

1.無料でコンサルティング

しっかりとお客様のご要望をお伺いします。どのようなことができるかなどもご説明をします。その際に、すでに作成済みのシステムを見て頂き完成のイメージを持って頂きます。この際に、お客様のご要望に応えることができないと判断しましたら無理に開発を勧めることは致しません。お客様にとって必要なシステムになるよう、事前にしっかりとお話を致します。
※当サービスの対応範囲を超える場合は別サービスをご案内するか別途お見積もりを致します。

2.開発

お客様のご要望に従ったシステムの構築を開始します。開発の途中で何度かやり取りをさせて頂き、確認を進めながらイメージとずれることがないよう進めていきます。

3.納品

完成したシステムを確認いただき、問題がなければ完成となり納品をいたします。もし、ご要望と異なるところがあるようでしたらシステムを修正し、再度ご確認を頂きます。

開発実績

・契約書、請求書、見積書、発注書一覧の自動生成
・kintoneのデータをGoogle App Scriptを用いてGoogle Spredsheetにデータを自動取得するシステムの開発

お問い合わせ
・申し込み

CONTACT US

株式会社アクロビジョン
Acrovision Inc. 

東京都豊島区東池袋1-35-3
池袋センタービル 8階
Tel: 03-6661-0912
Fax: 03-6661-0913





お名前※

メールアドレス※

メッセージ※

【個人情報取り扱い】WEBお問い合わせに関する個人情報の取り扱いについてをご確認のうえ、同意いただける場合は「同意する」にチェックを入れてください。
同意する

Close
Go top