ビジネスのスピードアップに貢献する、Azureコンテナサービスとは?

Azure コンテナサービスとは?

たとえば、船や列車などで輸送する際、コンテナーを使用しさまざまな貨物を分割して貨物を運搬します。
このコンテナーを使用して配送する配送業界と同じように、ソフトウェア開発テクノロジーにおいても、
コンテナー化と呼ばれるアプローチが利用されています。

このコンテナーという標準ソフトウェア パッケージは、
[アプリケーションのコード][アプリの実行に必要な構成関連ファイル][ライブラリ][依存関係]をまとめたものとなります。
これにより、環境間に滞りなくアプリケーションをデプロイすることが出来るようになります。

コンテナサービスを代表するDocker

コンテナサービスの代表的なものは、Docker社の「Docker」です。
Docker社が開発した仮想化技術であり、マイクロソフトやインテル、レッドハットなどのベンダーにより「Open Container Initiative」で業界統一仕様として取り扱われています。Linux、Windows、MacOS上で動作します。

Dockerの利点は、コンテナを生成するための「DockerFile」と呼ばれる設定ファイルに、OSやライブラリーなどのコンテナの設定内容を記述し、再利用できる点です。Dockerによりテキストファイル一つで簡単にほかのサーバーに環境を構築することができます。

他人が作成したDockerファイルが公開されている場合、それを使用して同様の環境を構築することもでき、ハイブリッドクラウドでの環境再現性も高く、Microsoft AzureやAWSなどで幅広く活用されています。

コンテナーサービスの使用を検討する

アプリケーションを現在の環境から別の環境に移行した際、正しく実行されない問題は、ソフトウェア開発と同様に古くからある問題です。
この問題は、構成の基になるライブラリの要件とその他の依存関係が異なるために発生します。
コンテナーは、サービスを動かすために必要なサーバ、通信するために必要な回線などを軽量で不変な状態で引き継ぐことでこの問題に対処できるようになります。
コンテナーイメージとしてまとめてパッケージ化したアプリケーションは、1つのユニットとしてテストすることができ、コンテナーイメージインスタンスとして、ホストオペレーティングシステムにデプロイできます。これにより、変更を加えることなく環境全体にアプリケーションをデプロイできるようになります。

アプリケーションを構築してコンテナーにパッケージ化し、IT に提供して標準化されたプラットフォーム上で実行できるようにした場合、アプリケーションをデプロイする全体的な手間が減り、開発及びテストのサイクル全体を効率化することができ、アプリケーションを素早くリリースできるようになります。

コンテナーは、目的のアプリケーションを実行するためのすべてのコンポーネントをパッケージ化して保持するための標準形式が提供されます。このことにより、”自分のコンピューター上でのみ動作する”という問題が解決でき、OS プラットフォーム間やクラウド間での移植性が実現し、開発ボックスから運用まで一貫した形式が保たれることになります。

コンテナサービスの活用で恩恵を受けやすいのは、DevOpsなどの最新版リリースを頻繁に行うようサービス・開発スタイルです。
新しい機能を日々追加していくこのようなサービスでは、開発からリリース・運用までの環境をすばやく確実に準備する必要があります。
そういった場合、活用したいミドルウェアを稼働させるための環境を素早く構築できるコンテナーサービスは、開発のスピードアップに大きく活用できます。

コンテナーサービスと仮想マシンの比較

仮想化には多くの形態があり、コンテナーはそのうちの 1 つです。仮想マシン(VM)とコンテナーを比較した場合、
仮想マシンは複数のオペレーティングシステム(OS)インスタンスをハードウェア上で実行できるよう、基となるハードウェアを仮想化します。
コンテナーは、基盤のオペレーティング(OS)を仮想化しするため、コンテナー化されたアプリ自身が OS (CPU、メモリ、ファイル ストレージ、ネットワーク接続など) を備えていることを認識できるようにします。
基本イメージの整合性がとれている限りは、コンテナーはどこにでもデプロイ、実行できます。
また、ホストオペレーティングシステムを共有するため、オペレーティングシステムを起動したり、ライブラリを読み込んだりする必要はありません。
これにより、仮想マシンと比較して、コンテナーサービスははるかに効率的かつ軽量に活用することができます。

コンテナー化されたアプリケーションは数秒で起動でき、仮想マシンのシナリオと比較して、多くのアプリケーションのインスタンスをマシンに適合させることができます。
共有オペレーティングシステムのアプローチには、修正プログラムの適用や更新プログラムなど、メンテナンスに関する負荷が少ないという利点もあります。

開発・運用面において効率化を図る際に重要な技術の一つが「仮想化」です。
OSの環境やアプリケーションの再利用性を高め、環境構築をすばやく行えるようになるコンテナーサービスを活用されてみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です