Microsoft Azureって何?

近年はクラウドの時代と言われ、Webサービス開発の多くがクラウドインフラを利用しています。その中でもAmazon、Microsoft、Googleの3社が大幅なシェアを獲得しています。クラウドは“雲”のことを指しますが、IT業界では構成図を書く時などにインターネットの向こう側を雲で表現することがあるため、このような名前でよばれています。
企業や消費者はこの雲のようなインターネットを介して、データセンターという巨大な施設にPCやタブレットやスマートフォンを接続し、その巨大な施設のサーバーに格納されている、色々な機能やサービスを利用します。
これが「クラウド」の全体像です。クラウドは「インターネットを介した、サーバーやアプリケーションのレンタルもしくは運用管理のアウトソーシング」といえます。
今回は、MicrosoftのAzure(以下Azure) についてご紹介いたします。

Microsoftが提供するAzure(アジュール)とは?

「Azure」は、マイクロソフトの提供しているクラウドサービスで、「アジュール」と読みます。インターネットを介して、さまざまな開発者向けのサービスを中心に提供しています。
これまで何かサービスを始める場合、自社もしくは他業者が管理しているデータセンター内にサーバなどを設置して、一から構築する必要がありました。そのため、サービスを始めるまでに多額の初期費用と長い構築時間が必要でした。
クラウドサービスはこのような欠点を補う形で、短期間でかつ少ない初期費用で利用ができるようにしたサービスであり、その使い勝手の良さから現在多くの企業で利用されています。ユーザーが数人の小規模なサービスから、数百万人規模の大量にアクセスが発生するような大規模なサービスまで、さまざまなクラウドサービスに対応し、開発や提供することができます。
Azureが提供するサービス内容の一部として、仮想マシンだけではなく、認証管理、機械学習、IoT、災害対策などがあり、今も増え続けています。
※クラウドサービスとは、ネットワークやサーバ、ストレージ、アプリケーションなど、利用者が必要な機能をいつでも利用でき、その使った利用量に応じて課金される仕組みのことです。
Azureは、ビジネス上の課題への対応を支援するために、絶えず拡大を続けるクラウド サービスの集合体です。世界規模の巨大なネットワークに対し、お気に入りのツールやフレームワークを使ってアプリケーションを自在に構築、管理、デプロイすることができます。

Azureの特徴

Azureの特徴として、すべてのサービスがクラウド上で展開されている点にあります。サーバーなどの設備を必要としないため、コンピュータさえあればインターネット経由でどこでも利用可能です。
主な特徴としては、

  • 必要なハードウェアやソフトウェアはサービス提供者側が用意しており、サービス契約さえ済めば、すぐに(たいていは数日間で、早ければすぐに)サービスを利用可能
  • 初期費用が安い

などが挙げられます。
サービス内容によりますが、クラウドサービスでは初期費用が安く、容易な価格設定になっています。ハードウェアの購入費用やソフトウェアの導入作業費用など、多額の初期費用を用意せずに利用を開始できます。

Azureを利用するメリット

Azureを利用することのメリットは、大きく分けると次の3点です。

1.日本円での支払いが可能

Azureを提供するMicrosoft社の本社はアメリカですが、毎月の使用料を日本円ベースで支払えます。米ドルベースの場合、為替の影響を受ける可能性があるため考慮が必要です。

2.既存サービスとの連携や移行がスムーズ

Microsoft社が提供しているクラウド型サービスOffice365やSharePointといったアプリケーションとの連携や移行がスムーズに行えるのは、同じ会社であるからこそのメリットです。

3.Windows系の保有サーバーとの親和性が高い

Microsoft社はIT業界で大きな影響力を持ちます。パソコンだけでなく、保有サーバーのなかにも、Windowsを採用しているサーバーは多いです。そのため、Windows系の保有サーバーとの和性が高いことも、メリットとして挙げられます。

Azureのセキュリティについて

Azureでは、データセンターから運用に至るまで多層構造のセキュリティ対策が施されています。
Azure自体にはセキュリティに関するサービスが組み込まれており、Azure Security Centerから送られる詳細な分析情報を元に、高いセキュリティ保護を実現しています。
例えば、世界中で合計3,500人以上のサイバーセキュリティの専門家がAzureのセキュリティ保護のために活動していたり、1,800億件のBing Webページや4,000億件のメールなどから得られた情報を元に、大量のデータ分析を行い、セキュリティを脅かす脅威の発見を行っています。このようにして、強固なセキュリティ基盤と卓越したテクノロジーを活用して顧客のビジネス資産とデータを守っています。
さらに、他社のクラウドサービスとの大きな違いとしては、万が一トラブルが起きた際でも日本の法律が適用される点が挙げられます。
たとえば、AWSの準拠法と管轄裁判所はアメリカになりますが、Azureでは準拠法が日本の法律であり、管轄裁判所は東京地方裁判所です。特に日系大手企業にとっては安心感があります。

他のサービスとの違い

類似のサービスにAmazon Web Services(以下AWS)やGoogle Cloud Platform(以下CGP)があります。3社の主な違いとしては、

パフォーマンス

どのサービスもクラウドサービスの特徴を活かしており、高度なパフォーマンスを提供していますが各サービスで違いが見られます。
仮想マシンの起動速度という観点では、GCPが圧倒的な速さを誇っています。また、AzureやAWSが事前に用意された仮想マシンの中から選択するのに対し、GCPでは自由にカスタマイズできるという点も特徴です。

拡張性、柔軟性

データベースの拡張性という観点では、OSがLinuxであっても、オープンソースのデータベースが使えないような場合、Oracleのような商用データベースが必要となります。Azureでは、公式でOracleに対応しています。GCPがMySQLのみ対応しか対応していないことを考えると、これは大きなメリットです。

クラウドサービスの種類は?

クラウドサービスには、提供しているサービス形態を大きく3つに分けることができます。
1.パソコン本体の機能を提供するIaaS
2.WindowsのようなOSを提供するPaaS
3.マイクロソフトオフィスのようなソフトウェアを提供するSaaS

1.IaaS

「Infrastructure as a Service」の略で「イアース」と読みます。
情報システムの稼働に必要な仮想サーバーをはじめとした機材やネットワークなどのインフラを、インターネット上のサービスとして提供する形態のことを指します。開発者は、開発環境を仮想的にほとんど一から構築できますが、サーバーの選定やOSの各種設定などもやることになるため、カスタマイズ性が高い反面、システムの運用や保守に必要な作業が煩雑になる傾向があります。
一番自由度が大きいですが、OSの設定から決めていかなければならないので上級者向けになります。

●主な特徴として

  • IaaSを導入すると自前でIT環境を構築しなくても、ユーザー側がアプリやサービスを自由に開発できるようになる
  • OSやミドルウェアなどの制限がないため自由度の高いプラットフォームやアプリの作成可能
  • 扱いには専門的な知識が必要

●IaaSの代表例として

  • AWS
  • GCP
  • さくらクラウド

が挙げられます。

2.PaaS

「Platform as a Service」の略で「パース」と読みます。
アプリケーションソフトが稼働するためのハードウェアやOSなどのプラットフォーム一式を、インターネット上のサービスとして提供する形態のことを指します。SaaSで提供されるアプリケーションの開発環境を提供するサービスで、プラットフォームであるOS、サーバーなどを開発するための機能一式が利用できるので、自分自身で使用するアプリケーションを設定できます。開発者は、決められたシステム設計に沿った方式で作業を行えるので、手早く、そしてコストを抑えつつアプリケーションを開発できます。

●主な特徴として

  • PaaSではあらかじめデータベースやプログラムの実行環境が用意されている
  • サービス内容にセキュリティ機能なども含まれるため、更新や脆弱性対策はほぼ必要なし

●PaaSの代表例として

  • AWS
  • GCP
  • Microsoft azure

が挙げられます。

3.SaaS

「Software as a Service」の略で「サース」または「サーズ」と読みます。
クラウドサービス側で使用するOSからアプリケーションまで設定し、用意してくれるサービスとなるユーザーは、ソフトウェアをパッケージとして購入する必要も、インストールする必要もありません。そのソフトウェアを必要に応じて使いたいときだけ利用し、有料であれば使用した分の使用料を支払うオンデマンド型のサービスと言えます。ブラウザ上でメールやスケジュール管理ができるGoogle Appsが代表例です
自由度は高くないですが、アプリケーションに最適化された環境が提供されるのが利点となります。

●主な特徴として

  • データをインターネット上に保存できる
  • デバイスが違ってもアカウントが同じであれば同じサービスを利用できる
  • ソフトウェアの開発不要で、導入コストが安く済む
  • デメリットとしては、ソフトウェアのカスタマイズには制約があり機能が限定されてし まうため、業務に最適なサービスが見つからない場合は提供されるサービスに合わせて、運用を変更する必要がある

●SaaSの代表例として

  • Microsoft Office365
  • GmailなどのWebメール
  • Dropboxなどのオンラインストレージ

が挙げられます。

Windowsのアプリとサービスにしか対応していないのか?

ここまで読んでいただいて、AzureはWindowsのアプリとサービスにしか対応していないのか、と考える方もいらっしゃるかもしれませんが、そうではありません。Azureは、オープンソースのテクノロジをサポートしているため、お好きなツールとテクノロジをご利用いただけます。既存のデータソースを使うことで、使用しているオペレーティングシステムで自分のデバイスを使って、事実上あらゆるアプリケーションを実行できます。Linux、Java、PHP Webアプリケーションの各種プラットフォーム上で、サービスとしてのIaaSのサポートを受けることができます。使用しているLinuxおよびオープンソースのコンポーネントをAzureで開発、テストできるので、普段活用しているツールと既に修得しているスキルを生かしながら、自分のデータソースやオペレーティングシステムを使って自分のデバイス上でほとんどのアプリケーションを実行できます。

Azureサービスの試用はできる?

こちらももちろんできます。Azureの無料アカウントを作成して、Azureの実際の動作を確認したり、製品やクラウドサービスを試用したりすることができます。初めてのソリューションを10分もかけずにデプロイする方法についてのチュートリアルもございます。下記のことが無料で試用できますので、公式サイトを参照し試してみてください。

  • 12か月間、無料でAzureを体験できる
  • 30日間は22,500円のクレジット枠内で任意の機能を使える
  • 25種類以上のサービスは、いつでも無料で利用可能

まとめ

Azureはマイクロソフト社の高い技術力と豊富なリソースを最大限に活用できるクラウドサービスです。クラウドサービスにはAWSやGCPなどもあり、各社が特徴的なサービスを提供しています。
クラウドサービスは歴史がまだ浅く、日々アップデートが繰り返されています。クラウドは激動の中にあるサービスであり、新規の機能なども数多くリリースされ、各社の状況を常に追っていく必要があります。
それぞれのクラウドサービスの機能やメリット・デメリットを理解し、効率的に利用しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です