AIエンジニアの仕事内容

AI(人工知能)は今となってはすっかり聞き慣れた言葉となりましたが、「AIエンジニア」という職業をご存知でしょうか。 実はAIが注目されている近年では、今後全世界でますますニーズの高い人材となっていくと言われています。AIエンジニアにはどのような仕事内容なのかご紹介します。

AIエンジニアとは

AIエンジニアとは最先端技術であるAI(人工知能)を開発したり、蓄積されたデータの解析を行ったりと、AIに関わるエンジニアのことです。今ではすっかりなじみ深い言葉となった「機械学習」や「ディープラーニング」といった技術を活用して、様々な技術やサービスが生み出されています。
AIエンジニアの仕事はプログラミング分野とアナリティクス分野の、2分野に大別されます。プログラミングの分野ではプログラミングによってAIの開発や実装などが行われます。アナリティクスの分野ではAI(人工知能)が学習し構築したデータの解析を行いプログラムを改善が行われます。

仕事内容

AIエンジニアの主な仕事は、「研究・論文のリサーチ」「アルゴリズム・モデル開発」「PoC、実証実験」「開発業務」の4つに分けられます。

研究・論文のリサーチ

最先端の分野であるAI分野は、日々技術革新が起こり続けています。最新技術をキャッチアップしていかないといけませんので、最新情報を踏まえた研究をしていくことが必要です。
そのため、AI開発の現場にはリサーチエンジニアという職種があり、問題の発見から問題を解くためのアルゴリズムの調査・考案・改良、実証コードの作成までをリサーチに基づいて行う職種です。こういった役割が設けられるほど、AI開発ではリサーチが重要視されています。

アルゴリズム・モデル開発

AIが正しく学習していくための数学的な手順であるアルゴリズムやモデルを開発することは、AIエンジニアの主な仕事の一つです。モデルとは、未知のデータが入力されたときに結果を予測できるようなロジックのことです。
モデルを作るためには、まず予測したい事象に関する大量のデータが必要で このデータをアルゴリズムにかけることによって、モデルが構築されます。

PoC、実証実験

開発したアルゴリズムは、その動作が正しいかどうかを検証する必要があります。PoC(Proof of Concept)とは、本番に着手する前に試行的に機械学習を行うことです。PoCを行うことで、想定通りの精度であるか、想定外の動きがないかなどを検証することができます。開発者は、PoCの結果を踏まえて、開発段階に進んでも問題ないか、システムの見直しが必要かを検討します。

開発業務

実証実験によって有効性が確認されたアルゴリズムを元に、リリースを目指してAI開発を進めていきます。

やりがい

続いてはAIエンジニアのやりがいについてご紹介します。

先端技術に携われる

AIという最先端の技術に携われます。日々技術革新が起こる現場に身を置くことができ、新しい技術を使ってこれまで世界になかったものを自分で創り出すことができるということが、AIエンジニアのやりがいのひとつです。

大きな企画に参加できる

AIの開発は、様々な専門技術者が関わって進められる大きなプロジェクトです。こういった大きなプロジェクトで大きな仕事を達成できることもAIエンジニアのやりがいのひとつです。
また、AIに関連する業界は成長産業で、市場規模自体が巨大です。 こうした大きな産業、成長産業に身を置いて働くことができるというのも、AIエンジニアとして働くメリットのひとつであると言えます。

高収入

ビッグデータを保有する多くの企業が現在AIの導入に力を入れています。そのため、AIエンジニアの数が圧倒的に人手不足です。その結果、すでにAIエンジニアとしてスキルを持っている人材の争奪戦となっており、給与水準が高くなっています。
海外では、優秀なAIエンジニアの年収は3,000万円~5,000万円と言われています。注目度が高く今後の展望が明るいために、このような年棒でも人材確保をしたいのです。そのためAIエンジニアは一般的に高い給与基準になっています。
ちなみに、日本ではAIエンジニアの年収は400万~1,300万ほどだそうです。

大変なところ

最先端の技術に携われて給与もいいAIエンジニアですが、もちろん大変なところや苦労することもあります。

変化が激しく常にブラッシュアップが必要

最先端分野であるAI分野の技術革新は日進月歩しています。そのため、論文などを通して日々最新の情報を学び続けることが必要です。常に新しいことにアンテナを張って興味を持ち続け、学び続ける意欲がAIエンジニアには求められます。

高水準なスキルを求められる

AIエンジニアは、まだ誰も実現していないような最先端の開発分野で働く仕事です。他のエンジニアと比べても、より最先端で難しい技術が必要になります。そのため、AIエンジニアに求められる技術力の水準は必然的に高くなります。

まとめ

いかがだったでしょうか。最先端技術であるAIに携われるということでとても魅力的な職業のAIエンジニアですが、その分高い技術力を求められたり常に最新の情報をインプットしなければならず大変な部分もあります。それでも個人的にはとても興味ある職種でやってみたいですね。