GCPとは丨サービス概要と出来ることをわかりやすく解説|

GCPとは

「GCP」とはGoogle Cloud Platformの略であり、Googleが提供するサービスをクラウド上(インターネット)で利用できるものです。Googleの社内で実際に利用されている技術やインフラを使用し、効率的なWeb開発業務をおこなうことができます。

近年AWSやAzureといった、Web開発における基盤を提供するインフラサービスが登場しており、GCPもそのひとつとなります。具体的なメリットについては後ほど解説しますが、高度なデータ解析や機械学習関連の技術の使用が可能です。

クラウドサービスとは

Googleの技術を利用して開発ができる他、コスト面や利便性でも様々なメリットがあるGCP。同じようなサービスとしてAWSを思い浮かべる方もいるかもしれませんが、GCPとは具体的にどのような特長・メリットがあるのでしょうか。

GCPはGoogle App Engineを中心とした下記製品群をまとめたサービスです。

・Google App Engine

・Google compute Engine

・Cloud Datastore

・BigQuery

各製品の特徴を簡単に解説します。

・Google App Engine

Google App EngineとはGoogleが提供するPaaS(Platform as a Service)のことです。Paasとは、クラウドにおける利用形態のひとつであり、アプリケーションを実行するためのプラットフォーム一式を、インターネット上のサービスとして提供するものです。

Google App Engineを使用することで、Googleの安定したインフラ上で、Webアプリケーションの開発・運用をおこなうことができます。

・Google compute Engine

Google compute EngineはGoogleが提供するIaas(Infrastructure as a Service)です。Iaasとは、情報システムの稼働に必要な仮想サーバーを、インターネット経由でサービスとして提供するものです。主要OSに対応している他、高速ネットワーキング、高いセキュリティを実現します。

・Cloud Datastore

Cloud DatastoreはGoogleが提供するNoSQLデータベースです。NoSQLとはSQL言語を使用しないデータベースを言います。Cloud Datastoreを使用することで、プロビジョニングや高負荷を気にすることなく、作業をおこなうことが可能となります。

・BigQuery

BigQueryとはビッグデータ解析サービスのことであり、元々Google社内で使用されていたDremelという大規模クエリを実行するシステムを、ユーザー向けに提供したものです。大量データでも高速処理が可能で、2.5億件のトランザクションデータを約2分半で処理することができます。

GCPのメリット

・快適な通信と高い安定性

Googleのデータセンターでは、独自に開発されたネットワーク機器が使用されており、それにより、快適で安定性の高い通信を実現します。

・急激なトラフィック増加に対応

GCPは、急激なトラフィック増加に対応できるよう設計されているため、高負荷に強いのがメリットです。

・AI・機械学習サービスが充実している

機械学習目的に開発されたオープンソースプラットフォーム、TensorFlowの他、Cloud ML Engine、APIサービス群のML APIsなどの、AI・機械学習サービスが充実しています。

・低コストで使用できる

従量課金制を導入しており、秒単位で使用した分だけ支払う形態のため、低コストでの運用が可能となります。また長期間利用することで、自動的に最大30%の割引が適用される点もメリットです。

AWSとの違い

GoogleのGCPと比較されやすいクラウドサービスに、Amazonの「AWS(Amazon Web Services)」があります。ここではそれぞれのメリット・デメリットを紹介します。

GCPのメリット・デメリット

GCPのメリットは、世界最大級のデータセンター、独自のネットワークシステムを持つGoogleのインフラを利用できることです。また、BigQueryを用いたビッグデータの解析や、充実した機械学習サービスなどがAWSと比べて優位な点となります。

デメリットとしては、データセンターが設置されたエリア(リージョン)が少ないため、ディザスタリカバリ対策として懸念がある点や、日本語での情報が少ない点が挙げられます。

AWSのメリット・デメリット

AWSのメリットは、豊富なAPI・インターフェースの標準技術を持つことにより、Web開発がしやすいことです。全世界190ヶ国でサービスを展開しており、実際にAmazonで使用されている、世界中の最新技術を利用することができます。

一方デメリットは、サービスが多すぎるため設計が複雑になりやすく、専門的な知識が必要となる点です。

まとめ

サーバー運用・管理を一切気にせず、アプリケーション開発やデータベース管理が、低コストでおこなえるのがGCPの魅力です。開発に集中することができるため、業務効率化を検討する上でGCPは間違いなくプラスとなります。