プログラミングするには、WindowsかMac結局どっちがいいのか問題!!

はじめに

日本で主に使われているOSは、WindowsとMacです。エンジニアの方にとってプログラミングは必須スキルといえます。そこで自身が持っているコンピュータではそもそもどっちのOSがプログラミングに適しているのか、OSの違いで使いやすさに違いがあるのか、疑問に思った方もいるはずです。本ドキュメントではWindowsとMacの違いなどについてふれ、どちらが適しているのかを考えていきます。

MacとWindowsの違い

OSの違い

WindowsとMacで大きく異なるところはコンピューターの土台を支える「OS」です。Windowsの場合は「Microsoft」がOSを開発しています。パソコン本体はさまざまなメーカーが製造しています。Macの場合は「Apple」がOSからパソコン本体までを全て自社で完結させているのが特徴です。

選択肢の違い

上記にもある通り、Windowsではパソコン本体を様々なメーカーが製造しているため、デザイン・価格を含め選択肢が多いため「自分好みのパソコン」「使いやすくパソコンをカスタムすること」を選ぶことで、開発の効率にも繋がります。また、価格競争が生まれるため、スペックの割に安く購入できるのも魅力です。Macではグレードはありますが、Macでできることが不自由なくできるようなスペックで製造されていますので、迷うことなく購入することができます。ただし、ある程度の品質を保っているため、極端に安いモデルは存在しません。

安全性

ほとんどのマルチウェアはWindowsをターゲットに作られているためWindowsは感染リスクが高いです。MacOSはセキュリティがしっかりしており、ウイルス対策ソフトなどをインストールしないで使用している人もたくさんいます。

Apple製品との互換性(Mac)

iPhoneとMacであれば、ログイン情報やブラウザの情報やメモ等データの同期が簡単にできます。どちらから操作をしていても、もう片方に反映されるので非常に便利です。さらにAir Dropで画像データ等も簡単に転送できるのでiPhoneなどのApple製品とMacでやり取りをするのに不便なことはありません。

フリーソフトの種類(Windows)

普及率に合わせてフリーソフトも潤沢に選べるのがWindowsの特徴です。あれがしたい・これがしたいと検索すれば、無料で高品質のソフトを簡単に手に入れることができます。逆にMacであれば、高品質のソフトは多いですが、基本的に有料です。

開発環境においてのメリット

Macで開発するメリット

・MacはWindowsを兼ねる

大は小を兼ねるということわざがありますが、これはMacにも当てはまります。後ほど詳しく説明しますが、実はMacを買えばmacOSとWindowsどちらも利用できます。macの環境には標準でUNIXコマンドが搭載されており、UNIX系のツールを利用できます。PythonやRubyといった言語はUNIXコマンドラインのツールが存在しており、相性が良いといえます。WindowsでもUNIXコマンドを利用することはできますが、仮想環境を構築するなど面倒なプロセスを踏まなければなりません。それに対してMacは標準でUNIXコマンドが使用できるというのは大きなメリットだといえます。

・iOSアプリ開発

macOSと同じくAppleが開発・リリースしているiOSです。当然ともいえますが、iOSアプリ開発はMacが適しています。

・デザイナー向き

MacはWindowsよりもディスプレイが高画質なため、画像や動画をよく扱う職種の方が向いているでしょう。プライベートでDVDを観たり、写真のデータを見たりする方にもMacは向いているかもしれません。

Windowsで開発するメリット

・シェアの高さ

Windowsでプログラミングなど開発を行う1つのメリットは「シェアの高さ」です。Windowsユーザーの割合は75%を超えており、これはパソコンを持っている人の4人に3人はWindowsを使っているという計算になります。一方Macは12%程度でWindowsに大きく差をつけられているというのが現状です。Windowsの特徴でもありますが、シェアが高いからこそ資料などが豊富に存在しています。例えば、環境構築について調べると、Windowsパソコンを利用して解説しているサイトが多いなどのメリットがあげられます。

・アプリケーションで困らない

Windows向けアプリケーションは非常に数多くリリースされています。他のOSではないアプリケーションやソフトウェアでも、大抵Windows版だけは存在していることが多いです。もちろんMacでしか動かないアプリケーションもありますが、Windowsと比較すれば圧倒的に差があるといえるでしょう。

それぞれでしか使えない言語

Macでしか使えないプログラミング言語

以下の2つの言語は、Windowsでは使用できません。

■Swift
■Objective-C

上記2言語はAppleが開発しているプログラミング言語であり、どちらもMacでの開発が適しています。iOSアプリやmacOS向けアプリを開発できる言語で、特にSwiftはモダンな言語で実行速度も速く、積極的なアップデートが行われているのが特徴です。実はSwiftに関してはLinuxでも利用ができるため、Windows搭載パソコンをLinuxとデュアルブートにしたり、仮想環境を導入すれば開発できなくはありません。しかし、macOSで開発した方が圧倒的に効率が高く、比べ物にならないのでMacのほうが向いてるといえます。

Windowsでしか使えない言語

Windowsのみ扱える言語ですが、実はほとんどがMacで利用できるためWindowsにしかできないことは大雑把にいうとありません。と言いつつも、C#やVBといったプログラミング言語を使った.NET系の開発や技術を習得したいのであれば、Windowsのほうが何かと捗ります。その他のJavaやライトウェイト言語などならWindows・Macどちらでも問題はないでしょう。
※.NET とは、Microsoft社が開発したネットワーク上でアプリケーションを構築する基盤システムのこと(プログラムを作ったり動かしたりするのを楽にするために用意されている部品のひとつ)。

MacにWindowsOSをインストールできる?

※なんと、作業方法はとても簡単です!
まず初めに、MacにWindows10を入れる場合に現在自身が使っているMacのモデルが何なのかを確認します。以下のモデルであれば対応しています。

・MacBook
・MacBook Air
・MacBook Pro
・Mac mini
・iMac
・iMac Pro

(起動デスク時の空き容量が64GB 128GB以上あると快適に利用することができます)ここでご説明する方法はMacにデフォルトで入っているBootCampを使ってWindowsとMacを切り替えることができます。

用意するもの

①Windows10のライセンス(有料)
②空のUSB(16GB以上)

使用するUSBは必ずUSB2.0対応のもの!

③Window10のISOイメージファイル(無料)

マイクロソフトの公式ページからWindows10のISOファイル(無料)をダウンロードしてMacのローカルディスクに保存します。

Windows10(ライセンス)を購入する方法

・パッケージ版(家電量販店やネット等で購入できます)
・ダウンロード版(インターネットから購入できます)
・DSP版(PCパーツとセットで販売されたりしています。CPU、メモリー、マザーボード、SSD、HDD、CPUクーラー、CD/DVD/Blu-rayドライブ、拡張カード(PCI、AGP、PCI Express)などです。)
いずれも1ソフト1ライセンスで値段は¥15000~¥20000ぐらいです。

① Use Boot Campアシスタントを起動

Boot Campアシスタントを開き選択後、指示通りに進みます。Windowsインストール用の起動可能なUSBドライブ作成の画面では、事前にダウンロードしておいたWindows10のISOイメージファイルが選択されて、保存先が差し込んだUSB2.0メモリに指定されていることを確認し、問題なければ「続ける」をクリックします。ドライブのフォーマットから始まり、ISOイメージファイルのコピー等が開始されますコピーには1時間30ほどかかります。ファイルのコピーが終わると「Boot Camp アシスタントが新しいヘルパーツール」を追加しようとしています。」と表示されるので「パスワード」を入力して「ヘルパーを追加」をクリックします。

② Windows(BootCamp)パーティションのサイズ

次にWindows10用のパーティションを作成する画面に移ります。パーティションのサイズはドラッグ&ドラッグで調整しましょう。Windowsに割り当てるパーティションの容量は用途にもよりますが最低でも30GB以上は必要。快適に使うには60GB〜100GB以上が推奨です。割り当てる容量を決めたら「インストール」をクリックします。パーティションの作成が完了するとMacが再起動してWindowsセットアップが開始されます。

③ Windowsが表示される

案内に沿って進みWindowsセットアップの途中で「Windowsのインストール場所を選んでください。」の画面が表示されるので、必ずBoot Campのパーティションを選んでフォーマット→次へをクリックでインストール開始します。
そうして、Windowsが再起動されて、Windowsの設定画面が表示されるので「簡易設定を使う」をクリックして設定します。

④ WindowsでBoot Campインストーラをインストール

デスクトップ上に「ようこそBoot Camp インストーラへ」の画面が表示されるので「次へ」をクリックします。インストールして完了です。

WindowsとMacの切り替え方法

windowsからMacへ

① Windowsタスクバー右下にある「^」アイコンをクリックします。
② するとアイコンが出現するので「◆」アイコンをクリックします。
③ BootCampのメニューが出現するので「OS X で再起動」を選択します。
④ 再起動します。

Macからwindowsへ

① 左上にあるメニューバーのAppleメニュー「アップルマーク」をクリックして「システム環境設定」を選択します。
② 「システム環境設定」の中にある「起動ディスク」アイコンをクリックします。
③ 起動ディスク画面で「BOOTCAMP Windows」を選択して「再起動」をクリックします。
④ 再起動します。

結局の所どっちがいいの?

結局開発者にとってどちらがいいのかは何を開発するか次第です。Windowsでほとんどのことができますし、MacをWindowsとのデュアルブートにすることができます。どちらのほうが優れているというわけではないので、ケースバイケースで適切なOSを選びましょう。参考になる情報は参考にするべきですが、あまり振り回されず、自分のやりたい仕事、やるべき業務に合う機材を適切に選びましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です