プログラミングが難しいと思われる5つの理由とは?対処法も4つご紹介!

プログラミングってどんなイメージ?

プログラミング未経験者の中には、プログラミングに対して「難しそう」というイメージを抱いている人も多いです。

プログラミング言語には多くの種類があり、また、1つの言語でも習得するためには覚えなければならない内容が膨大にあります。

実際にプログラミングを学んだことがある人の中にも、習得できずに途中で挫折したことで、プログラミングについて難しいというイメージを抱いている方も多いのではないでしょうか。

プログラミングが難しいと思われる理由5つ

プログラミングが難しいと思われる理由をご紹介します。

プログラミングを経験したことがない方が持つイメージとして多いのが「英数字の羅列ばかりで難しそう」というものです。

実際のところ、なぜプログラミングを難しいと思うのでしょうか。ここではプログラミングが難しいと思われる理由5つをご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてはいかがでしょうか。

難しいと思われる理由1:苦手意識が強い

プログラミングは苦手意識のせいで難しそうに感じます。

特に文系の人の場合、そもそも文系はプログラミング習得が不利だと思い込んでいる人も多いです。また、文系に限らずプログラミングに対する苦手意識が強すぎて、勉強をする前から難しいと思い込んでいるケースもあります。

しかし実際には文系出身でエンジニアをしている人も多く、文系だからといってプログラミングが習得できないわけではありません。

難しいと思われる理由2:英語が多い

プログラミングは英語のコードのせいで難しそうに感じます。

特に英語が苦手な人は、プログラミングは英語のコードばかりなので苦手意識を持っているケースもあります。しかし実際には英語で文章を書いているわけではなく、プログラミングに必要な英語のコードを覚えるだけです。

そのため、英語が苦手だからと言ってプログラミングにも苦手意識を持つ必要はありません。

難しいと思われる理由3:大量のエラーがある

プログラミングはすぐにエラーが出てしまうため、難しそうに感じます。

プログラミング言語はコンピュータに指示を出すものですが、コードの中に1文字でもミスが含まれているとエラーになります。また、エラーを解消しようとしても、初心者ではなぜエラーが発生したのかもわかりにくく、すぐに壁にぶつかってしまいます。

エラーを解決するには、インターネットで的確に検索する能力も必要になります。

難しいと思われる理由4:作業の過程で覚えることが多い

プログラミングは覚えることが多すぎるため、難しそうに感じます。

プログラミングは学ぶべきことが非常に多いため、進めたくても覚えることが多すぎて進まないと悩むこともあるでしょう。しかしIT業界は情報の革新が多く、日々新しい技術が生まれています。プロのエンジニアでも何も参考にしないでゼロからプログラミングを行えるような人は多くはありません。

そのため、暗記しようとせず少しずつ進めていくことが大切です。

難しいと思われる理由5:プログラミング言語が多すぎる

プログラミングはプログラミング言語が多すぎるため、難しそうに感じます。

プログラミング言語はそれぞれ特徴があり、適した分野も異なります。そのため、学習を行う場合は目的に適したプログラミング言語を選ぶ必要があります。

しかし学習を始めてみようと考えても、何も知らない状態では自分に適したプログラミング言語を選ぶことは難しいでしょう。そのため、学習を始める前から難しそうに思えてしまいます。

プログラミングが難しいと思ったときの対処法4つ

プログラミングが難しいと思ったときの対処法をご紹介します。プログラミングを難しいと思い込んでいる場合でも「難しい」を脱却するにはいくつかの方法があります。

ここではプログラミングが難しいと思ったときの対処法4つをご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてはいかがでしょうか。

難しいと思ったときの対処法1:今より簡単なプログラミング言語に切り替える

プログラミングが難しいと思ったときは、今よりも簡単なプログラミング言語に変更しましょう。

プログラミングが言語によって習得難易度も異なります。最初から難しい言語を選んでしまうと、プログラミングに慣れるところまで進めずに挫折してしまうことも多いです。

そのため、現在勉強しているプログラミング言語が難しいと感じたら、初心者でも習得しやすいPHPやRubyなどの言語に切り替えるのがおすすめです。

環境構築が不要なプログラミング言語

環境構築をせずにプログラミングができる言語には以下のような種類があります。

・HTML
・CSS
・PHP
・Ruby
・JavaScript
・Python
・Swift
・Java

難しいと思ったときの対処法2:参考書を選びなおす

プログラミングが難しいと思ったときは、参考書を選びなおしましょう。

プログラミングを学べる参考書にもさまざまな種類があるため、初心者は参考書選びも重要です。しかし選んだ参考書によっては、サンプル通りに作ってもプログラムが動かないケースもあります。

そういった場合、プログラムが動かない原因がわからず挫折してしまうことがあるため、つまづいたら参考書を選びなおすことも重要です。

難しいと思ったときの対処法3:プロの力を借りる

プログラミングが難しいと思ったときは、プロの力を借りて前へ進むようにしましょう。

プログラミング学習で何かエラーにぶつかったりわからないところがあったりした場合、初心者はなかなか解決法が見つけられずに挫折してしまうケースもあります。

そのため、プログラミングに慣れるまでは、プログラミングスクールなどプロの力を借りて解決していきながら学習を進めることも重要です。

難しいと思ったときの対処法4:Webサービスを利用する

プログラミングが難しいと思ったときは、Webサービスを利用しましょう。参考書などを利用したプログラミング学習が難しければ、Webの学習サービスを利用するのがおすすめです。

Webサービスであれば、本を使った学習を進めるモチベーションがない場合でも勉強を進めることができるなど、効率よく勉強することができます。

プログラミングの効率的な学習方法3つ

プログラミングの効率的な学習方法をご紹介します。

プログラミング言語を1つ習得するだけでも長い時間が必要になります。そのため、効率的な学習方法を押さえておくようにしましょう。

ここでは最後に、プログラミングの効率的な学習方法3つをご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてはいかがでしょうか。

効率的な学習方法1:学習のモチベーションを維持する

プログラミングの効率的な学習方法は、学習のモチベーションを維持することです。

できるだけ毎日学習を進めることで、プログラミング学習を習慣化しましょう。たとえば朝起きたときや仕事終わりなど、決まった時間に学習することで習慣化できれば、勉強を効率よく進めやすくなります。

うまく習慣化できれば、モチベーションを落とさずに勉強を進めていくことができるでしょう。

効率的な学習方法2:明確な目標を立てる

プログラミングの効率的な学習方法は、明確な目標を立てることです。

プログラミングの習得はそもそも明確なゴールが決まっていません。そのため、たとえばWebゲームを作るなどの目標を定めることで、目標達成に必要なスキルなどがわかるようになります。

また、目標達成までの期間を設けることで、目標をより具体的なものにできます。

効率的な学習方法3:学習時間を細かく記録しておく

プログラミングの効率的な学習方法は、学習時間を細かく記録しておくことです。

プログラミングの習得には長い時間がかかります。しかしコーディング時間、エラー修正時間、動作チェック時間などをこまめに記録することで、1週間も経過すればどの工程で時間がかかっているのかわかるようになります。

細かく記録する癖をつけることで、自分の課題も明確化できるでしょう。

プログラミングは難しいと思わないことが大切

プログラミングは難しいと思われがちですが、適切な対処を行うことで苦手意識を克服し、プログラミング言語を習得することができます。

プログラミングを難しいと思い込んでしまっている人も多いでしょう。そういった場合は、ぜひこの記事でご紹介したプログラミングが難しいと思ったときの対処法や効率的な学習方法などを参考に、学習を進めてみてはいかがでしょうか。