Azureを外部と接続させるためには?

近年、Microsoft Azureを企業システムの一部として利用する会社が増加しています。Azureを利用する多くの場合、Azure内に仮想ネットワークを作成し、また、その仮想ネットワークにオフィスなどの拠点から接続するための物理的な接続回線が必要となります。具体的には、Azure内に作成した自社用の仮想ネットワーク上に仮想サーバー(VM:Virtual Machine)と必要サーバーアプリケーションをデプロイ(利用可能な状態にすること。)し、オフィスから回線経由でそのサーバーアプリケーションを利用します。また、ネットワークに関わる必要な追加設定を行うことにより、社内のオンプレミスサーバーやほかの仮想マシンなどと接続・連携することも可能になります。

そこで、Azureの仮想ネットワークおよびAzureへ接続する回線の概要や主な種類について解説します。注意点なども一緒に説明していきます。

Azureへの自社オフィスなどからの接続回線

Azure上に構築するシステムに自社オフィスなどから接続するためには、接続する回線を決定し、準備する必要があります。まず、インターネット経由とするのか、非インターネット経由とするのかが大きな判断ポイントになります。企業のデータ保護などセキュリティの観念からクローズドな環境での接続が必要な場合や安定した通信品質が重要な場合には、非インターネット経由での接続が優先です。逆にコスト面だけを見るのであればインターネット経由での接続が優先になります。インターネット経由の場合ではインターネット接続インターネットVPN接続、非インターネット経由の場合では閉域ネットワーク接続専用線接続の4つがあげられます。また企業のオンプレミスネットワークからインターネットVPNで接続する場合にはMicrosoftのVPN Gatewayサービスを受け口として、閉域ネットワーク接続か専用線接続を行う場合にはMicrosoftのExpressRouteサービスを受け口として利用する必要があります。

VPN Gateway

VPN GatewayはAzure上の仮想ネットワークとほかのネットワークを、インターネット経由で安全に接続するためのMicrosoft Azureのサービスの一つです。VPN Gatewayを経由してAzure内のリソースにアクセスします。接続方法は以下の3種類があります。

S2S(サイト対サイト)

インターネットVPNでの接続を選択した場合で、企業の社内オンプレミスネットワークをAzure上の仮想ネットワークに接続することができます。また、自社のオンプレミスネットワーク上にあるオンプレミスサーバーから接続することも可能です。S2S接続は、パブリックIPを設定されたオンプレミスネットワークとAzureのVPN Gatewayを接続する、ネットワークサイト間の接続を行う方法です。

P2S(ポイント対サイト)

従業員の自宅など、オフィスのオンプレミスネットワークに接続されていない遠隔地からAzure上の仮想ネットワークに接続するときなどに利用されます。また、Azure上の仮想ネットワークに接続する、オフィス内のクライアントPCの数が少ないときにも取りうる選択肢です。P2S接続は、個々のクライアント端末(PCなど)とAzure VPN Gatewayを、直接接続する方法です。

V2V(VNet間)

Microsoft Azureは、世界中の複数のリージョンそれぞれに複数配置されたデータセンターで運用されています。ほかのクラウドサービスも同様ですが、IaaSのサービスを利用して、Azure内の複数データセンターに複製を持たせるなど、自社固有のVNetのクラウド内でのgeo冗長性※を持たせたい場合には、マルチリージョンサービスなどを選択する必要があります。Azure内の別々のリージョンに設置した、複数の自社のAzure上の仮想ネットワーク間を接続する際などに、V2V接続は使われます。

※地理的に離れた場所(データセンター)に同じデータを複製・格納し大規模な災害や障害に対するシステムの可用性をさらに担保すること。

Azureにおけるネットワーク構築の注意点

注意点は3つほどあります。一つ目はVNet内のネットワーク数の制限です。VNetのデプロイには2つのデプロイモデルがあり、片方のデプロイモデルしかなかった2014年以前に作成したAzure上のVNetを使っている場合は現在両方のデプロイモデルが選択可能なので分業体制で構築・運用を行っている場合には特に注意しましょう。またVNetには使用するデプロイモデルによって仮想ネットワークや仮想ネットワークあたりのサブネット数に対して既定と上限の制限数が設けられています。つまり、何台でも自由にサブネットやIPアドレスを増やすことができるわけではないということです。2つめは、2つのデプロイモデルにおけるIPアドレス指定機能の違いです。VNetのIPアドレスには、パブリックIPアドレスとプライベートIPアドレスの2種類のIPアドレスを設定します。VMなどへのIPアドレスの割り当て方など、違いがありますので注意しましょう。3つめは、基本的にVNetは複数のリージョンにまたがって使用できないことです。IaaSを利用する場合は、SaaSやPaaSと異なり、Azure上の仮想ネットワーク設計は自身で行う必要があります。グローバルVNetピアリングなどの機能を活用することで、VNet間を連携させることはできます。

さいごに

Azureを活用するためには最適なネットワークを構築する必要があります。使用する目的をきちんと明確にもってから構築をしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です