Azure見積もり取得

はじめに

AzureやAzureをはじめとするクラウドサービスを新規導入、利用する際は必ず見積もりを取得して頂くことをおすすめします。しっかりと見積もりを取得し納得した上でAzureを導入することが導入後、失敗しないための一歩だと思います。逆に言うと導入前に一度も見積もりを取得せずに見切り発車すると失敗するでしょう。まずは自身でAzureやAzureのサービス、利用料金などについてしっかりと把握することが大切です。現在はネットなどで自分でできる簡易な見積もりツールなども多くあります。しっかり活用して失敗しないよう事前準備をした上でAzureを利用することをお勧めします。今回はAzureの見積もり取得の大切さについて考えていきます。

Azure新規導入における見積もり取得の重要性

Azureを新規導入を検討されている企業などがまず気になるのがAzureのサービスを利用するのにどれくらいの金額がかかるのかということだと思います。もちろんこれはAzureに限ったことではなく、何か新しいサービスを導入したりする際は必ず大半の方は気にするところです。そういった新しいサービスを導入する際に必ずといっていい程行う作業が見積もりを取得することです。企業やサービスによってとりあえず先に導入の際に必要な初期費用についての見積もり金額だけを知りたいといったような場合もあるでしょう。しかし、たいていの場合は初期費用がいくらで運用にはいくらかかるといった見積もりの取り方をするのではないでしょうか。ちなみにAzureをはじめとする多くのクラウドサービスは従量課金制を採用しているものもあり、初期費用は必要ないというサービスも多いです。もちろん費用の詳しい内訳は新規の契約料や一式の設備費用、故障した際のメンテナンス費など様々あり一律ではありません。利用サービスによって運用費も変わってきます。またサービスによってはAプラン、Bプランのようにセットプランような形で用意されているものもあります。

今述べたものだけでも一つのサービスの中にまた様々なサービスやプランなどが用意されています。これらを自身ですべてサービスの中身を確認して必要な金額を算出するというのはかなり大変な作業になりますよね。しかしこれらを何も考えず、選択や契約してしまうと必要のないサービスを契約してしまったり、想像を超える費用が必要になってしまったりということに繋がりかねません。そういったことを防ぎ、健全なサービスの利用、運用していくためにもサービス導入前のしっかりとした見積もり取得は大切な作業です。

Azureの見積もり取得方法

前述のとおり、新規導入前に見積もりを取得することは非常に大切なことです。Azureには2通りの見積もり取得方法があります。

Azure料金計算ツールを利用する

一つはAzure料金計算ツールを利用して見積もりを取得するという方法です。このAzure料金計算ツールはサービス提供元であるMicrosoftがインターネット上で提供しているAzureのサービス利用料金を計算するためのツールです。Webブラウザから料金計算ツールにアクセスすることで誰でも利用が可能です。自身で利用したいサービス、それぞれ必要な項目を選択することで概算料金の計算を行うことができます。

リセラーに見積もりを依頼する

二つ目はAzureを取り扱っているMicrosoftのリセラーに見積もりを依頼するという方法です。こちらは見積もりを依頼するため、ツールを使って自身で計算する手間が省け、自身でAzure料金計算ツールを利用して計算するよりもより詳細な利用料金の確認ができます。

どちらの方法を利用するかは状況によって使い分けるといいでしょう。まずはAzure料金計算ツールを利用して計算してみる。それでもイメージが湧かないや、やっぱりもっと詳しく知りたい、そもそもAzure料金計算ツールを利用して概算を出すことが難しいといった場合はAzureを取り扱っているリセラーに見積もりを依頼するというかたちで行ってみるのもいいかもしれません。上手く使い分けて納得いく見積もりを取得してAzureの新規導入を行って頂ければと思います。

さいごに

今回はAzureを新規導入する際の見積もり取得の大切さとその方法について説明しました。Azure新規導入までの道筋が少しは見えましたでしょうか。何となくで見積もりを取得するといったこともあるかと思いますが、いざ導入するとなったときは失敗しないように納得いくまで見積もりを取得することをおすすめします。たかが見積もり、されど見積もりです。はじめに料金をしっかりと把握しておけば別のサービスの追加などがあっても対処がしやすいかと思います。この記事を読んで頂いて、見積もり取得の大切さを再認識して頂けると嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

利用前にAzureを試算しよう

次の記事

Azure storage 料金について