Azure storage 料金について

はじめに

一口にstorageといってもクラウドではstorageはObject StorageやFile Storageなどの複数の種類が提供されており、用途や使用方法はstorageの種類によって異なります。クラウドプラットフォームによってはこれらのstorageはまったく別々のサービスとして提供されており、サービスの名称や操作方法も種類ごとに違いがあったりします。しかし、今回ご紹介するAzureでは一つのサービスとしてAzure Storageとして提供されており、別々のサービスではなくAzure Storageサービスでは様々な種類のstorageを扱うことができます。そんな気になるAzure Storageとその料金について少し掘り下げてみていきましす。

Azure Storageのサービスについて

Azure Storageには大きくわけて4つの種類があります。

Azure Blobs

一つ目はAzure Blobsです。BLOBは正式にはBinary Large Objectといい、大容量のバイナリデータと訳すことができます。この大容量のバイナリデータとは主に画像、動画、音声などが該当し、これらを格納するのに活用されます。それだけ大きなデータを必要とするということです。BLOBストレージ内のオブジェクトには、ブラウザ経由で接続することもできます。

Azure Files

SMBを活用したファイル共有サービスです。SMBとはネットワーク上の複数のWindowsコンピューター間で、ファイル共有などを行うプロトコルのことをいいます。オンプレミスと同様にファイルサーバーとして活用されます。

Azure Tables

NoSQLの構造化されたデータを保存するサービスです。こちらはSQL Serverなどのデータベースと異なり、データ構造がとてもシンプルですので、分散化や高可用性の実現を簡単に行うことができます。

Azure Queues

メッセージング処理を提供するサービスです。このメッセージングとは、分離されたシステム間でのやり取りのことを指します。これを利用することで非同期処理となり、負荷を分散させることも可能です。

上記4つのStorage Serviceを管理するために必要なのが、Storage Accountです。このStorage AccountにはHDDを利用するStandardとSSDを利用するPremiumの2種類があります。

Azure Storageの料金について

Azureは利用した分の料金を支払う従量課金制が採用されています。自身の利用した分の料金を月単位で支払うので良くも悪くも安くも高くもなります。自身がたくさん使えばそれだけの料金を支払わなければなりません。良いいい方をすれば自身でしっかりと利用量を管理すれば設定した料金以上を支払うことはないでしょう。そういった意味では予算などは組みやすいと言えるのではないでしょうか。これはAzure Storageサービスにも当てはまることです。

先程、説明したサービスごとに料金を見ていきましょう。まずAzure Blobsですが、ブロックBlobは保存されているデータに対して1GB単位で課金が発生します。もちろんオプションをつけると料金も高くなります。ページBlobは、ディスクのサイズごとに月額料金が定められています。Azure FilesはブロックBlobと同様の料金設定です。Azure QueuesもブロックBlobと同様ですが、加えてトランザクション回数に対しても課金されます。Azure TablesはCosmos DBのサービスとして取り込まれました。

簡単に説明しましたが、Azure Storageのサービス料金形態は非常に選択肢が豊富で便利です。しかし、あれもこれもとオプションを何でも追加すると、当然ながらその分料金は高くなります。ですのでまずはあまりオプションなどをつけずに基本的なサービスの提供を試してみることをおすすめします。

さいごに

いかがでしょうか。少しはAzureやAzure Storageについて興味が湧きましたでしょうか。こういったシステムやサービスは何よりも触れてみることが1番だと思いますのでまずは料金などを気にしなくてもいい無料版や料金の高くない基本的なものを利用してみることをおすすめします。そこでもっと興味を持ったりすれば本格的にオプションなどを利用してみてもいいのではないでしょうか。サービスはその利用方法や、それにかかる料金などをしっかりと理解して利用すれば間違いなく私たちの業務や日々にプラスになってくれるはずです。上手くつきあって良い相棒としましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

Azure見積もり取得

次の記事

azureの接続について