GCP 入門

はじめに

企業の新しいインフラとしてクラウドコンピューティングサービスを選択することは、現代社会におけるデータ量の劇的な増加や、多様化するビジネスニーズ、日々変動する顧客ニーズへ対応するために欠かせないものと考えられています。
この記事ではクラウドサービスのGCPとは何なのか。そして、GCPの特徴、できることやサービスなどについて紹介していきます。

GCPとは

GCPとはGoogle Cloud Platformの略であり、Google がクラウド上で提供するサービス群の総称のことです。
Google 社内で使われているものと同じテクノロジーやインフラを使用して、利用者のインフラ環境をクラウド化できます。つまり、Googleが提供しているサービスと同じ環境で自分たちのサービスを動かすことができるのです。基本的な構成要素が初めから各種サービスとして用意されているため、それらを使用してすばやく開発を行うことができます。

そもそもクラウドサービスとは

そもそもクラウドサービスとは、いったい何なのでしょうか。
クラウドサービスとは、アプリケーションやソフトウェア、データを、ネットワーク経由で利用できるサービスのことです。
クラウドサービスを利用することで、サーバー設置など機材の購入や自社でのシステムの構築、管理・保守にかかっていた手間や時間の削減をはじめとして、業務の効率化やコストダウンを図れるというメリットがあります。利用に当たっては必要となるサービスの幅を簡単に増減することができ、費用はその都度必要分支払うことになります。その分のコストは必要となってしまいますが、すべてのリソース(コンピューター資源)を自社運営で行うコストに比べれば安価となるはずです。
クラウドサービスの代表としてGoogleが提供するGCP(Google Cloud Platform)をはじめ、Amazonが提供するAWS(Amazon Web Services)、Microsoft提供のAzureが各社におけるクラウドサービスのサービス名称(商品名)に該当します。

GCP特徴・強み

Google検索エンジンやYouTubeなどを運営しているGoogleにおいて、同じシステム・同じテクノロジーを利用できます。Googleの強みである機械学習系サービスとデータ解析、その他技術を利用できるようになります。下記で詳しく見ていきます。

データ解析・データ処理の技術力

Googleは検索エンジンの会社として有名で、ビッグデータ解析に大きな強みを持っており膨大なビッグデータを高速で処理できる技術があります。このデータ分析、データ処理技術をクラウドサービスとして利用できることは、大きな魅力と言えるでしょう。

機械学習関連の技術力

Googleは機械学習関連の技術においても、業界内でほかよりリードしています。Googleが開発し実際に使用しているこの機械学習関連の技術は、GCPを利用することでクラウドサービスとして利用できます。GCPは多くのデータからログ解析をする場合や、機械学習を取り入れたシステムを作成したい場合などに大いに役立つでしょう。

安全性・信頼性

GCPはGoogleのサービスなので信頼性がとても高いです。プライバシーに関する厳重な管理、トレーニングがセキュリティに関するものとは別に存在し、信頼とプライバシーの問題を特化した専門チームもいます。また、定期的に独立した第三者監査機関による検証も行われています。

GCPでできること、提供されているサービス

クラウド上でGoogle社員と同等のインフラを使った開発ができるGCPでは、下記に述べたように様々なこと、サービスが利用できます。

  • コンピューティング:インターネットを通して仮想マシン、ソフトウェア、ハードウェア、処理性能、記憶領域、ファイル、データ、人工知能/機械学習などが使用できます。
  • データ分析:大規模なデータの探索や分析ができます。
  • データベース:Googleがユーザーに提供しているインフラ内にあるデータベースサービスを使用できます。
  • セキュリティ:機密情報の秘匿化ができます。
  • ストレージ:インターネット上にデータの保存・共有ができます。
  • API管理:新たなAPIを開発できます。
    *API:ソフトウェアの機能を共有できるようにすること。Application Programming Interfaceの略。
  • デベロッパーツール:開発者向けの便利なツールを使用できます。
  • AI/機械学習:様々な種類の巨大データを高速処理することができます。
  • IoT:デバイスの接続や管理が行えます。
  • 管理ツール:ネットワーク上でつながれた機器を監視/管理できます。
  • メディア:動画のストリーミングなどができます。
    *ストリーミング:スマホのストレージ容量を使わないので、ネット環境があればスムーズに再生できます。
  • ネットワーキング:サーバー集中を抑え負荷分散できます。
  • 移行:ネットワーク経由でのデータ転送ができます。

まとめ

いかがでしたか。GCP (Google Cloud Platform)はGoogleが提供するクラウドサービスであり、アプリケーション開発やデータベース管理などを行なうことができます。また、サーバー運用・管理などの初期コストがかからず導入しやすいことや世界中で有名なGoogleが提供し信頼性があるサービスでもあります。GCPを導入することにより開発に集中することができ、業務効率化を図ることができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

Cloud SQLについて

次の記事

Googleクラウドとは