GCPの始め方

はじめに

本記事ではこれからGCP(Google Cloud Platform)を始める人を対象に無料トライアルの登録手順を解説しながらGCPの使い方、利用方法を説明していきます。
GCPのサービス((GAE、GCE、BigQuery等のサービス)を開始する場合、ユーザが共通でおこなわないといけない手続きがあります。それはGCPプロジェクトの作成です。もしかするとGCPプロジェクトの作成方法がわからないため、さきほど例にあげたBigQuery等のサービスに敷居の高さを感じている開発者も多いのではないでしょうか。
というわけで、今回はGCPプロジェクトの作成方法について詳しく解説してみます。想定ユーザはGoogleアカウントは持っているけどGCPプロジェクトの始め方をしらないユーザです。それでは以下の手順に従って実際にGCPプロジェクトを作成してみましょう。

GCPの無料トライアルとプロジェクト作成について

GCP の無料トライアル

GCP(Google Cloud Platform)の無料枠では、サービスを自分で試して学習できる無料のリソースを提供しています。Google Cloud のご利用が初めてで基礎を学ぶ必要がある方や、すでにご利用中で新しいソリューションを試したい方を対象とされています。Google Cloud の無料枠は以下の 2 つで構成されています。
・12 か月間の無料トライアル(Google Cloud サービスで使用できる $300 相当のクレジット付き)。
・Always Free(使用上限の枠内で数多くの一般的な Google Cloud リソースに無料でアクセス可能)。

GCP無料トライアル登録にあたって必要なもの

GCPの無料トライアルを登録するにあたって必要なものは下記2点だけです。
・Googleアカウント
・クレジットカード
Googleアカウントもクレジットカードも既に所有している方も多いでしょう。この2点が揃えば事前準備は完了です。
*クレジットカードの情報が必要となりますが無料トライアル内であれば一切課金は発生しません。

GCPの無料トライアルに登録方法

まずはGCP公式サイトにアクセスします。GCP公式サイトアクセス後、「無料トライアル」ボタン、または「無料トライアルを開始」ボタンをを押下します。その後、無料トライアルを利用するための情報を入力していきます。
(1)はじめに国を選択して同意します。
*ここで登録画面に記載がありますが、無料トライアル期間が終了しても自動的に請求されることはありません。

(2)次に、名前と住所を入力します。
アカウントの種類は、個人の場合「個人」を選択します。

(3)「お支払い方法」と「使用言語」を入力後、利用規約の「はい」にチェックを入れ「同意して無料使用を開始」ボタンを押下します。

無料トライアルの登録が完了すると「ようこそ、○○さん申込ありがとうございます。~~~」といったメッセージが表示されます。OKボタンを押下してメッセージモーダルをクローズしてください。以上で無料トライアルの登録は完了です。

プロジェクトの作成

GCPプロジェクトを新規作成するための手順について説明します。

(1)GCPのコンソールから、画面中央のボックスをクリックして、プロジェクトの選択画面を表示します。プロジェクトの選択画面表示後、[新しいプロジェクト]をクリックします。

(2)次にプロジェクト名に任意の名前を入力し、[作成]ボタンをクリックします。
*プロジェクト作成後にプロジェクト名と、プロジェクトIDの変更はできないのでご注意ください。
*開発するサービスを連想させる文字列を設定することで、今後プロジェクト数が増えた場合でもGCPプロジェクトの管理がしやすくなります。

(3)「作成」ボタンを押下後、ダッシュボードを見ると、先ほど設定した「プロジェクト名」と「プロジェクトID」が表示されています。GCPプロジェクトの作成はこれで完了です。

プロジェクトで利用するサービスを有効化

ここまでGCPプロジェクトの作成手順について説明してきましたが、最後にプロジェクトで利用するサービス(Google Drive API, YouTube Data API等)を有効化する手順について解説します。
BigQueryやCloud SQL、Cloud Storage等については、デフォルトでサービスが有効化されていますが、その他GCPサービス・APIは有効化しないとGCPプロジェクトから利用することができません。ここでは例としてYouTube Data APIを有効化する手順を取り上げます。

(1) GCPホーム画面左上のメニューアイコンをクリックします。

(2) 左メニューから「API Manager」を選択します。

(3) API一覧から「YouTube API」を選択します。

(4)「Youtube Data API」の概要ページに遷移したら「有効にする」ボタンを押下してください。

(5) 画面遷移後「無効にする」と表示されたらCompute EngineのAPI有効化は成功です。

まとめ

GCP(Google Cloud Platform)の無料トライアル、プロジェクトの始め方について紹介しました。GCPは誰でも気軽に思い立った瞬間から始めることができます。GCPはGoogle社内で使われているインフラやテクノロジー、高度な機械学習技術などサービスが使用でき、尚且つトライアル期間終了後の通常料金も他のクラウドサービスに比べて安く抑えることができます。ぜひGCPのサービス、APIを体験してみては如何でしょうか。