Exit

kintone > 機能 > プラグイン

kintoneを上手に利用するためには有効活用しておきたいプラグイン。kintoneはプラグインを十分に実装してこそ、強力な基幹システムになります。

【プラグインとは】

ビジネス用アプリケーションが柔軟に構築できるkintoneの最大の魅力はプラグインです。一般的にプラグインとはベースとなるシステムに追加実装するプログラムになります。このプラグインによりベースシステムの機能を拡張することができます。kintoneは初期状態では強力な機能を持ち合せていませんが、プラグインによる機能拡張を行うことで十分な機能を持ったシステムが出来上がります。

【プラグイン以外で機能を追加するには】

kintoneでは、プラグインを利用せずとも機能拡張が可能です。しかしながらその場合はJavaScriptやCSSなどを活用してゼロからコーディングをする必要があります。当然、エンジニアであればコーディングによるkintoneの機能拡張は可能ですが、完成するまでには時間もお金もかかります。とはいってもプラグイン利用でもお金は発生するので(後述参照)、コストパフォーマンスを考えてプラグイン利用か、システム開発企業へ制作依頼かを選択してみてください。もちろん、プラグインでは実現できない機能が必要なときは開発企業へ依頼の一択になります。

【プラグインの種類】

プラグインは大きく分けて無料プラグインと有料プラグインがあります。有料プラグインの方が対価を受け取る分、しっかりした機能になっている場合が多いです。無料プラグインはコストゼロなので導入ハードルは低いですが、サンプル的なプラグインも多く、バグ発生や障害が起きた時の対処法までケアしてくれないケースもあります。そのため、力を入れてシステム構築を考えている場合は有料プラグインの方が良いでしょう。
ちなみにこれらプラグインはkintone提供元のサイボウズ社だけでなく、民間の企業も提供しています。

(無料プラグイン)

無料プラグインでも使いやすいプラグインはたくさんあります。kintone開発者が集まるCybozu Developer Networkには、たくさんの無料プラグインが紹介されています。ガントチャートやエクセル機能を持ったプラグインなども無料で使えます。

(有料プラグイン)

有料の場合は比較的高品質なプラグインが多いです。例えばデータテーブルのデータを直感的に追加・更新・削除できるプラグインやプルダウンやチェックボックスを簡単に活性化、非活性化したりできるプラグインなどがあります。より高度なデータ操作やシステム操作を実現する機能が有料プラグインには多くあります。

【一般的な基幹システムをプラグインで】

実際にガントチャート機能やデータ操作、フォームの活性、非活性などは一般的なウェブシステムを作るうえではベーシックな機能です。とくにデータ操作やフォーム制御はよく構築します。これらの機能をプラグインで簡単に実現出来たら1日で自社オリジナル基幹システムが構築できてしまいます。コストがかかりがちな基幹システムがkintoneを使えばすぐに出来上がります。

【いくつでも導入可能】

プラグインは1つだけでなく複数個インストールしてこそ価値あるシステムとなります。データ操作機能だけではシステムとしては何の役割も担わないし、フォーム制御機能だけでも何も意味をなしません。フォーム制御によって入力可能なデータを制御し、そのデータをデータテーブルに登録、さらにそれをグラフ化したり、印刷できたりしてこそシステムとして機能します。複数のプラグインを連携できる点こそがkintoneの魅力です。

【プラグインの導入方法】

プラグインの導入方法は簡単です。プラグインは手順さえ覚えてしまえばだれでも導入ができるようになります。まずはインストールしたいプラグインをローカルエリアに置いておいてください。そして以下の手順で進めてください。
①kintone管理画面の歯車アイコンをクリックして「kintoneシステム管理」をクリックします。
②「その他」にある「プラグイン」をクリックします。
③プラグイン画面が開きますので、「読み込む」ボタンをクリックして、プラグインファイルを読み込みます。プラグインはZIPファイルになっていますが、解凍せずそのままの状態で読み込みます。
④これでインストールは完了ですが、まだ実際には使えません。ここから使えるように設定します。
⑤kintoneアプリの設定画面から「プラグイン」、次に「プラグインの追加」をクリックします。
⑥インストールしたプラグインが出てくるはずなので、チェックを入れて、「追加」ボタンを押します。
⑦プラグインの「設定」を行います。⑥ここはプラグインによって異なりますが、歯車アイコンがあるはずなので、そちらから設定をします。
⑧最後に「アプリを更新」ボタンを押せば、プラグインが適用されます。

【プラグインは適宜変更できる】

プラグインは一度使ってみて使いづらければアンインストールすればそのプラグインはすぐになくなります。手軽に機能の追加、削除ができます。これがフルスクラッチ開発だとそうはいきません。kintoneは機能の実装できるだけでなく、取り外しも簡単に実現できるのです。ぜひkintoneを使って手軽に自社システムを構築してみてください。

●実施の流れ

まずはお客様の状況やご要望をしっかりとお伺いします。すでにシステムを導入しているようであればどのようなものを導入しているか。現在の課題はどのようなもので、どのような対応が最善の解決方法かなどをご案内します。

1.無料でコンサルティング

しっかりとお客様のご要望をお伺いします。kintoneでどのようなことができるかなどもご説明をします。その際に、すでに構築済みのシステムを見て頂いたり、その場で、ご要望に応えることができるようなシステムを簡単に構築します。この場で、お客様に完成のイメージを持って頂きます。この際に、お客様のご要望に応えることができないと判断しましたら無理に開発を勧めることは致しません。お客様にとって必要なシステムになるよう、事前にしっかりとお話を致します。
※当サービスの対応範囲を超える場合は別サービスをご案内するか別途お見積もりを致します。

2.開発

お客様のご要望に従ったシステムの構築を開始します。開発の途中で何度かやり取りをさせて頂き、確認を進めながらイメージとずれることがないよう進めていきます。

3.納品

完成したアプリを確認いただき、問題がなければ完成となり納品をいたします。もし、ご要望と異なるところがあるようでしたらアプリを修正し、再度ご確認を頂きます。

まずは無料でコンサルティングを受けてください

※kintone利用料は1ユーザーごとに月額780円(税別)

お問い合わせ
・申し込み

CONTACT US

株式会社アクロビジョン
Acrovision Inc. 

東京都豊島区東池袋1-35-3
池袋センタービル 8階
Tel: 03-6661-0912
Fax: 03-6661-0913





お名前※

メールアドレス※

メッセージ※

【個人情報取り扱い】WEBお問い合わせに関する個人情報の取り扱いについてをご確認のうえ、同意いただける場合は「同意する」にチェックを入れてください。
同意する

Close
Go top