Exit

kintone > 機能 > データ連携

これだけありとあらゆる業務がITで行われる世の中になると、データ管理の仕方が業務に大きな影響を及ぼします。kintoneではデータ連携することでシステム間のデータ移行をスムーズに行うことができます。

【kintoneにすべてのデータを集約する】

データを集約するベースとしてkintoneは優れたプラットフォームです。kintoneを使えば、帳票や勤怠管理など多様な業務ができますが、kintoneの根幹はデータベースプラットフォームです。データを保存するデータベースに特徴があるからこそ、kintoneは外部システムとデータ連携がしやすいのです。

【API連携】

kintoneには便利なAPIが用意されていて、APIを利用すれば外部システムとのデータ連携が実現します。

(自作でエクセルとkintone連携)

プログラムを書けば、エクセルデータをkintoneに反映させることができます。この場合はVBAやAPIを使うためプログラミングの経験がないと難しいかもしれません。

(アプリでエクセルとkintone連携)

windowsOfficeのユーザーならデータはたいていエクセルで保存するのが一般的ではないでしょうか。kintoneにはエクセルと連携することが可能なアプリが多数用意されています。
Excel連携アドインは、連携されたエクセルファイルの操作のみでkintoneのデータ操作が可能になります。これによりkintone上でデータ削除をする必要がなくなります。kintoneは複雑な計算処理があまり得意ではないので、計算処理はエクセルで行い、計算し終わった結果をkintoneに登録・変更することで効率的なデータ管理が実現します。

(データ連携特化アプリも存在)

Qanat Air for kintoneというアプリはデータ連携に特化しています。kintoneと社内基幹システムを繋ぐとkintoneで更新したデータを社内基幹システムに反映したり、反対に社内基幹システムで更新したデータをkintoneに反映したりすることが可能です。

【会計ソフトはkintone連携が充実】

会計ソフトはkintone連携に対応しているソフトが多いです。

(自作でエクセルとkintone連携)

プログラムを書けば、エクセルデータをkintoneに反映させることができます。この場合はVBAやAPIを使うためプログラミングの経験がないと難しいかもしれません。

(freee連携kintoneプラグイン)

クラウド会計ソフトで有名なfreeeはfreee上に保存されている請求書や仕入れなどを自動でfreeeと連携します。これにより、freeeでの再入力の手間が省けるためユーザーの利便性向上が期待できます。kintoneで売上管理や請求書を発行した後、freeeにデータが送られます。あとは仕訳をfreeeで行えば経費処理は完了します。

(Tsunagu for 奉行i8/10 – kintone Connect -)

奉行も同じく会計ソフトとして有名です。エクセルにデータが用意されていれば、kintoneを介して奉行にインポートができます。各アクションはアイコン配置によって動作する仕組みです。

【データ連携の注意点】

データ連携することで利便性は大きく向上しますが、注意しておくべき点もあります。

(バックアップをとる)

連携しているサービスやkintone側でバックアップを取っておいた方が良いでしょう。万が一、誤作動によりデータ連携がうまくなされなかった時のために定期的に内部データを保存しておいてください。

【データ連携でプロセスを作る】

自社で使う業務すべてをkintoneでまかなうことはできません。受注から入金完了までをスタートからゴールと定めるとすると、その間には複数のソフトウェアによる処理が行われます。データ連携がされていないと、ソフトウェアを変えるごとにデータの再入力が発生し、手間が増えるだけでなく入力ミスのリスクも高まります。このような手間やリスクを回避するためにはAPIを上手に利用してデータ連携を行うのが最善の策です。もともとは異なるサービスが連携することで大きな1つのサービスになります。流れるように作業ができるようになれば業務効率も上がるはずです。

●実施の流れ

まずはお客様の状況やご要望をしっかりとお伺いします。すでにシステムを導入しているようであればどのようなものを導入しているか。現在の課題はどのようなもので、どのような対応が最善の解決方法かなどをご案内します。

1.無料でコンサルティング

しっかりとお客様のご要望をお伺いします。kintoneでどのようなことができるかなどもご説明をします。その際に、すでに構築済みのシステムを見て頂いたり、その場で、ご要望に応えることができるようなシステムを簡単に構築します。この場で、お客様に完成のイメージを持って頂きます。この際に、お客様のご要望に応えることができないと判断しましたら無理に開発を勧めることは致しません。お客様にとって必要なシステムになるよう、事前にしっかりとお話を致します。
※当サービスの対応範囲を超える場合は別サービスをご案内するか別途お見積もりを致します。

2.開発

お客様のご要望に従ったシステムの構築を開始します。開発の途中で何度かやり取りをさせて頂き、確認を進めながらイメージとずれることがないよう進めていきます。

3.納品

完成したアプリを確認いただき、問題がなければ完成となり納品をいたします。もし、ご要望と異なるところがあるようでしたらアプリを修正し、再度ご確認を頂きます。

まずは無料でコンサルティングを受けてください

※kintone利用料は1ユーザーごとに月額780円(税別)

お問い合わせ
・申し込み

CONTACT US

株式会社アクロビジョン
Acrovision Inc. 

東京都豊島区東池袋1-35-3
池袋センタービル 8階
Tel: 03-6661-0912
Fax: 03-6661-0913





お名前※

メールアドレス※

メッセージ※

【個人情報取り扱い】WEBお問い合わせに関する個人情報の取り扱いについてをご確認のうえ、同意いただける場合は「同意する」にチェックを入れてください。
同意する

Close
Go top