Exit

kintone > 機能 > プロジェクト管理

kintoneではプロジェクトの進捗管理ができます。プロジェクト管理を行うようになると仕事の進み具合を把握できるだけでなく、社員の能力を可視化することにも繋がります。

【プロジェクト管理とは】

プロジェクト管理はプロジェクトの計画立案から始まり、日程表の作成、進捗状況の管理まで行います。プロジェクト管理ができているか否かで納期やプロジェクトの質は左右されます。プロジェクト管理はシステム開発の現場で頻繁に利用されますが、TODOリストや予定表としても活用できるため業界問わず応用を利かすことができます。プロジェクト管理を行うと以下のようなメリットが生み出されます。

(納期を守れる)

プロジェクト状況を日々適切に把握しておくことで納期に間に合うような仕事の進め方が可能となります。納期から逆算してスケジュールを立てて日々の進捗と照らし合わせることで計画と実績のずれを把握しながらプロジェクトを進めることができます。

(案件を並行的に見られる)

会社の中では複数プロジェクトが同時並行的に進んでいきます。当然、1つのプロジェクトだけではありません。プロジェクト管理を行うようになるとどの案件が順調でどの案件が遅れているかが横並びで理解できるので、全プロジェクト統括者は工数の組み直しや戦略を立て直すことができるようになります。

【kintoneのプロジェクト管理】

進捗状況が芳しくないと高確率でプロジェクト計画を修正する必要が出てきます。その場合、紙ベースだと都度印刷し直すためどのプロジェクト管理表が最新のものか分からなくなり、混乱が発生するケースが往々にしてあります。また、紙ベースだと紛失リスクもあります。お客様から依頼を受けていたプロジェクト状況が外部に漏れることはセキュリティ問題になりかねません。kintoneのプロジェクト管理にはそのような心配はありません。ウェブなので修正し直せば常に最新のプロジェクト管理表が1つあるだけですし、情報が漏れる心配もありません。以下が主な特徴になります。

(担当者ごとに工数管理ができる)

kintoneのプロジェクト管理アプリは担当者ごとに工数を一覧表示できるので、どの担当者がどれぐらいの工数を使っているかが一目瞭然です。担当者ごとの稼働を管理できるため稼働が高い担当者には休みを取ってもらったりして担当者の勤務状況をいち早く改善できます。また、作業内容が記載できるため担当者の業務内容がチェックできます。工数が把握できるので勤怠表としても利用できますし、作業内容が記載できることから日報のようにも活用することができます。kintoneのプロジェクト管理アプリはプロジェクト管理と勤怠管理、日報の3役を担ってくれます。

(グラフ化機能)

管理しているすべてのプロジェクを100%とした場合のプロジェクト割合をグラフ化することができます。プロジェクト全体をグラフとして表すことでどのプロジェクトに時間や工数がかかっているのかが分かりやすくなります。棒グラフ、円グラフ、折れ線グラフなどグラフの種類も豊富にあります。さらに条件設定次第で1つのプロジェクトの中でどの業務に時間がかかっているかが把握できます。グラフ化機能により全体のプロジェクト割合の把握、プロジェクトごとの作業割合の把握が可能になります。グラフ化機能はミーティングの場でも活躍してくれるでしょう。

(仕入伝票と連携)

プロジェクト管理は仕入伝票とも連携しているため各プロジェクトの受注価格が分かります。そのため全体で使っていい工数なども把握しやすい仕組みとなっています。担当者のコスト意識が芽生えるというメリットがあります。

【Backlog連携】

kintoneはプロジェクト管理ツールとして人気なBacklogとも連携ができます。kintoneで立てたプロジェクト情報をBacklogにも連携させることで多方向からプロジェクトの管理ができるようになります。

【kintoneでプロジェクト管理情報を残す】

kintoneのプロジェク管理は担当者ごとの工数管理やグラフ化など業務の見える化が主なメリットですが、それ以外にももう1つ大きなメリットがあります。それはプロジェクト管理情報が残るということです。プロジェクトはスケジュールを立てて、その後に進捗状況をチェックしますが、各プロジェクトによって進捗状況が大きく異なります。スケジュール通り進むプロジェクトもありますが、納期に間に合わないプロジェクトもあります。このようなプロジェクト情報が残っていればどうすれば予定通り進めるかを次に生かすことができます。そもそも無理なスケジュールを立てていたのか、それとも担当者の技術不足でスケジュールに遅れが生じたのかなど。データに残しておけば今後のプロジェクト管理に役立てることができます。紙での進捗管理よりも利便性が高く、後から見返されるkintoneのプロジェクト管理はとても使うメリットが大きいです。紙でのプロジェクト管理ははもうやめましょう。

●実施の流れ

まずはお客様の状況やご要望をしっかりとお伺いします。すでにシステムを導入しているようであればどのようなものを導入しているか。現在の課題はどのようなもので、どのような対応が最善の解決方法かなどをご案内します。

1.無料でコンサルティング

しっかりとお客様のご要望をお伺いします。kintoneでどのようなことができるかなどもご説明をします。その際に、すでに構築済みのシステムを見て頂いたり、その場で、ご要望に応えることができるようなシステムを簡単に構築します。この場で、お客様に完成のイメージを持って頂きます。この際に、お客様のご要望に応えることができないと判断しましたら無理に開発を勧めることは致しません。お客様にとって必要なシステムになるよう、事前にしっかりとお話を致します。
※当サービスの対応範囲を超える場合は別サービスをご案内するか別途お見積もりを致します。

2.開発

お客様のご要望に従ったシステムの構築を開始します。開発の途中で何度かやり取りをさせて頂き、確認を進めながらイメージとずれることがないよう進めていきます。

3.納品

完成したアプリを確認いただき、問題がなければ完成となり納品をいたします。もし、ご要望と異なるところがあるようでしたらアプリを修正し、再度ご確認を頂きます。

まずは無料でコンサルティングを受けてください

※kintone利用料は1ユーザーごとに月額780円(税別)

お問い合わせ
・申し込み

CONTACT US

株式会社アクロビジョン
Acrovision Inc. 

東京都豊島区東池袋1-35-3
池袋センタービル 8階
Tel: 03-6661-0912
Fax: 03-6661-0913





お名前※

メールアドレス※

メッセージ※

【個人情報取り扱い】WEBお問い合わせに関する個人情報の取り扱いについてをご確認のうえ、同意いただける場合は「同意する」にチェックを入れてください。
同意する

Close
Go top