Exit

kintone > 機能 > 見積書

お仕事を受注する上で見積書作成は欠くことができない業務になります。見積書には正確な作成が求められます。金額や宛名間違えなどは絶対NGです。

【見積書は変更頻度が高い】

見積書は変更頻度が高い書類です。なぜなら見積書はお客様に提示した後、再交渉が発生するからです。最初のお見積りの内容でお客様の意見を聞き、お見積り金額を変更して再見積もりを行います。双方の合意が取れれば、業務を開始します。

【ゼロから見積書アプリを作成する】

kintoneでゼロから見積書アプリを作ることは可能です。お客様名や商品数量、商品単価など必要なフィールドをセットして、自動計算機能を実装すれば見積書アプリは比較的早く作れます。時間はかかりますが、完全に自社用にカスタマイズされた見積書アプリが完成します。

【商品見積書パックを利用する】

kintoneでは商品見積書パックがあります。このアプリを利用すれば、簡単に見積書が作成できます。このアプリの特徴は商品リストと見積書がパックになっているということです。

(商品リストアプリを活用)

商品リストアプリから商品情報をコピーしてきて見積書に反映させます。まずは自社商品の型番や商品名、単価などを商品リストアプリに登録した後に見積書にデータを反映させます。リストから取ってくるため、見積書側では商品情報入力が発生しないのでミスを事前に防ぐことができます。

(コメントを書きこめる)

見積書ごとにコメントを書きこめます。さらにそのコメントに対して他のメンバーが返信したり、質問したりすることができます。コメントは履歴として残るためいつでも閲覧が可能です。

(変更履歴が残る)

見積書の内容を変更した時は変更履歴が残ります。この機能により変更したユーザーや変更したタイミングが記録されるので、誰がいつ変更したかが即座に把握できます。

(印刷出力も可能)

印刷出力にも対応しているため郵送で見積書が欲しいお客様にも対応しています。お客様の要望に沿うことができる機能です。

【パックだと一括で印刷出力まで可】

商品見積書パックを利用すれば商品情報の入力が不要になりますし、印刷出力も可能です。見積書アプリをイチから作成するのも良いですが、すでにできているパッケージを使う方が効率的です。商品見積書パックの導入自体は無料でできます。無料でミスが起きにくい商品見積書パックを活用して、見積書作成業務をスムーズに行いましょう。

●実施の流れ

まずはお客様の状況やご要望をしっかりとお伺いします。すでにシステムを導入しているようであればどのようなものを導入しているか。現在の課題はどのようなもので、どのような対応が最善の解決方法かなどをご案内します。

1.無料でコンサルティング

しっかりとお客様のご要望をお伺いします。kintoneでどのようなことができるかなどもご説明をします。その際に、すでに構築済みのシステムを見て頂いたり、その場で、ご要望に応えることができるようなシステムを簡単に構築します。この場で、お客様に完成のイメージを持って頂きます。この際に、お客様のご要望に応えることができないと判断しましたら無理に開発を勧めることは致しません。お客様にとって必要なシステムになるよう、事前にしっかりとお話を致します。
※当サービスの対応範囲を超える場合は別サービスをご案内するか別途お見積もりを致します。

2.開発

お客様のご要望に従ったシステムの構築を開始します。開発の途中で何度かやり取りをさせて頂き、確認を進めながらイメージとずれることがないよう進めていきます。

3.納品

完成したアプリを確認いただき、問題がなければ完成となり納品をいたします。もし、ご要望と異なるところがあるようでしたらアプリを修正し、再度ご確認を頂きます。

まずは無料でコンサルティングを受けてください

※kintone利用料は1ユーザーごとに月額780円(税別)

お問い合わせ
・申し込み

CONTACT US

株式会社アクロビジョン
Acrovision Inc. 

東京都豊島区東池袋1-35-3
池袋センタービル 8階
Tel: 03-6661-0912
Fax: 03-6661-0913





お名前※

メールアドレス※

メッセージ※

【個人情報取り扱い】WEBお問い合わせに関する個人情報の取り扱いについてをご確認のうえ、同意いただける場合は「同意する」にチェックを入れてください。
同意する

Close
Go top